韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-1話〜4話-最終回まで - 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ

韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-1話〜4話-最終回まで

2014-07-05-22-59-48_deco.jpg

韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-1話〜4話-最終回まで

スポンサードリンク









韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-1話〜4話-最終回まではこちら↓


1話


1950年の春、慶北ムンギョンではユンシュクとヤンジャの結婚式の準備に終われ大忙しだった。
しかし、新郎のユンシュクの姿が見えないことが母親のクムニョは気がかりで落ちつかない様子。
その頃、ユンシュクはミョンジュと二人で幸せに暮らしていた。
何も知るはずもない二人だけの平和な生活を過ごしていた2人のところへ、突然クムニョの弟がたずねてくる・・・
そして母親のクムニョが危篤状になってしまったと言い出して・・・


2話


ミョンジュはユンシュクの子供を妊娠していたことがわかる。
生まれてから挨拶に行くつもりだったが、クムニョの弟が来てユンシュクは強引に連れ去られる・・・
その後ユンシュクはヤンジャと勝手に結婚させられてしまう・・・。
ユンシュクが別の女性と結婚したという事実を聞いたミョンジュはショックを受けそのショックのせいで
赤ちゃんが産まれてしまうことになった。
ミョンジュの母親は死産だったとミョンジュに伝え、ミョンジュが作った産着を着せてそのまま
ユンシュクの自宅の前に置き去りにしてしまう。
時が流れ1969年秋。
村のお祭りの準備でお餅を作っていた時、ユンシュクの長女スンヒは新しく村にできた病院を
尋ねてきたテボムと運命的な出会い方をしてしまい・・・


3話


ミョンジュは、義理の息子になるノギョンを愛情いっぱいにそだてあげ
ノギョンはそのおかげで検事にまでなっていた。
ミョンジュは染色のお店をもちいつも賑わっていた。
一方、テボムはスンヒに惹かれだしてしまい・・・
スンヒは誰にでも優しく接することができて、勉強もできる秀才。
将来は美術の大学に行くことを夢にしていた。
スンアはおっちょこちょいな性格な上、高校進学すらしておらずフリーターだった。
そんなスンアは町に歌手を養成するスクールができたのを知って話を聞きにいくことにする・・・


4話


スンヒは美術大学に行くことをおばあちゃんに猛反対されてしまう・・・
父親であるユンシュクはなんとかお金を工面しスンヒの夢である進学を叶える。
しかし歌手になりたいという夢ができたスンアの話は聞こうともしない。
そしてスンアはスンヒを妬み意地悪をしてやると考え出す・・・
そのころテボムは誤って、スンヒが一生懸命作った美術の作品を壊してしまう。
テボムは会って直接謝りたいと言ってスンヒと会う口実をつくり・・・



各話あらすじはコチラ↓
韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-ネタバレ-1話〜最終回




スポンサードリンク








他オススメ韓国ドラマはコチラ↓
韓国ドラマ-狂気の愛-あらすじ-全話

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート