韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-121話〜124話-最終回まで - 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ

韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-121話〜124話-最終回まで

2014-07-05-22-59-48_deco.jpg

韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-121話〜124話-最終回まで





前回までのあらすじはコチラ↓
愛よ、愛-あらすじ-117話〜120話




スポンサードリンク









韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-121話〜124話-最終回まではこちら↓


121話


ミョンジュの母は歩くこともままならなかったのが、リハビリのお陰で
壁をつたってはいるものの歩けるぐらいまで回復してきた。
医者からはここまでできるようになったら退院もできそうだと診断される。

ウィジュは父親が再婚を決めたせいで、町中が大騒ぎになってしまい
とてもじゃないが勉強に専念できる状態ではなかった。
そのことにストレスを感じだしてしまい・・・。

クムドンはユンシュクを呼び出し怒りをあらわにする。
ユンシュクは何故自分がこんなに怒られているのかがわからずにいた。

クムドンはおばあさんに、ユンシュクはミョンジュと陰でコソコソ会っていたんですよと話す。
おばあさんは急いでユンシュクを呼び出すようにクムドンに伝える。
おばあさんは今頃どんな理由があってお前はミョンジュに会うのかと聞く。
ミョンジュがノギョンの母親だからだと話してしまい・・・


122話


おばあさんはその二人の結婚などろくなもんじゃない嘆きだした。
テボムはソウルに帰ろうと用意をしていた。荷物をまとめているテボムに
母親にが来て、自分が好きになった人よりも、自分のことを愛してくれている女性と結婚してくれないかと
聞かされる。母はそれが一番の幸せだとテボムに伝えた。

院長と話す機会があったテボムは、自分が愛した人と結婚するのが最大の幸せだと教わる。
テボムはどちらの言い分が正しいのかわからなくなってしまう・・・。

ノギョンは満腹堂に話をしに来て、婚約を突然やめた理由を教えて欲しいと話す。
今まで反対したことなかったおばあさんまでもが結婚は反対だと言い出し始める・・・
ヤンジャは二人の結婚をどうか許してくださいとお願いする。

一度は認めたことを今更なんで解消なのかとみんなに問いかけるが・・・
翌朝、おばあさんはミョンジュに会いに行くためにクムドンに車を用意させて・・・


123話


おばあさんはミョンジュに会いに来て話をさせてもらおうかと伝える。
ミョンジュは私とユンシュクが許しさえすれば二人は結婚できますよと話す。
おばあさんはそんな簡単に結婚なんかさせないとミョンジュを否定する。
お前達二人のような苦しみをあの子たちにも与えるのかと
といかけるが、返す言葉が見つからないミョンジュ・・・
おばあさんは諦めろといって帰って行った・・・

ヤンジャはユンシュクの初恋はミョンジュだったのかをクムドンに聞いていた。
酒に酔ったまま帰ってきたユンシュク。
おばあさんとふたりでしばらく話していた。
その二人の会話を聞いてしまったヤンジャはショックをうけ立ち直れずにいた。

ユンシュクはミョンジュからもらった手紙を読み返そうと探すもののみつからず焦っていた。
ヤンジャが部屋に来て、探しているのはこれかと手紙を差し出す・・・。


124話


ミョンジュとやましいことをしているのかとユンシュクに問い詰めるヤンジャ。
そこにおばあさんが現れ、ミョンジュはノギョンの母親だということを話す。

バンスンはスンヒの結婚をなんでみんなが反対したのかを知る。
スンヒに元気を出せと話すものの・・・。

ミョンジュとノギョンはおばあさんのいる病院へ行くことにした。
ノギョンが私が孫ですよと話すとし私の娘ではないのかと
言ったあとおばあさんは意識を失ってしまう。

スンヒに、ノギョンのおばあさんが危険な状態だと連絡が入る。
今すぐにでもソウルにいこうとするスンヒ・・・
おばあさんにそのことを話すと、あいつは会う価値もない女だと言い出す・・・
なんでそんなことを言えるのかと思ったスンヒは
昔からの知り合いなのかを聞くと・・・



各話あらすじはコチラ↓
韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-ネタバレ-1話〜最終回

他オススメ韓国ドラマはコチラ↓
韓国ドラマ-狂気の愛-あらすじ-全話





スポンサードリンク




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート