韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-129話〜132話-最終回まで - 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ

韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-129話〜132話-最終回まで

2014-07-05-22-59-48_deco.jpg

韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-129話〜132話-最終回まで





前回までのあらすじはコチラ↓
愛よ、愛-あらすじ-125話〜128話




スポンサードリンク









韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-129話〜132話-最終回まではこちら↓


129話


ノギョンはおばあさんにユンシュクとミョンジュの過去の関係を聞いてショックを隠せずにいた。
あまりに衝撃を受けたノギョンは放心状態のままソウルに帰ることにする。

テボムは社長と話をしていた。
社長はテボムにヨノンと結婚する話はやはり無かったことにしてくれと言われてしまう。
話を聞かされたテボムはまさか自分もこうなるとはと、体が震え出していた。

ユンシュクは昔スンヒが着ていた肌着を眺めていた。
気分転換に外の空気を吸いに出ると、スンヒが部屋に置いてあった肌着を見つけて立ち止まる。

頭を悩ませるスンヒはてユンシュクにお願いがあると話す。
ソウルへ行ってノギョンにさよならを言わせてと話す。
理由が理由なので許可するユンシュクだった・・・。


130話


ミョンジュはノギョンが落ち込んでいるのが苦しくて部屋に一人で居るノギョンに話しかける。
スンヒのお父さんの事を知ってしまったようねと話し
ノギョンはミョンジュに母さんが苦しむことではないと話すのだが
ミョンジュは涙を流していた・・・。

スンヒはチュンボンに肩にほくろがあるよねと言われる。
肩にあるほくろは幸運を呼ぶんだと話し幸せになれるんだよと聞かされる。

ミョンジュとノギョンはスンヒとの結婚をどうするかを話していた。
ミョンジュは自分みたいな想いをするのはたくさんだと話す。
ノギョンにスンヒを愛しているのであれば決して諦めてはいけないよと話す。
ノギョンは諦めきれないとだけミョンジュに伝えるが・・・。


131話


おばあさんのお見舞いに来ていたコブタンはおばあさんに赤ちゃんはどうなったんだと
聞かれてしまう。そのやり取りを聞いていたスンヒ。

スンヒは私にも知る権利があるとコブタンに詰め寄るが
ユンシュクに聞きなさいと言われコブタンは逃げるように帰ってしまう。

ユンシュクに話を聞こうと電話をかけるスンヒ。
誰も居ないようで電話にユンシュクがでることは無かった。

ノギョンがでかけているとテボムと会っしまう。
テボムはノギョンに俺だってスンヒを想っていると話し
お前とおなじように簡単にはあきらめないと伝える。

コブタンとミョンジュが店で話しているのをスンヒは見かける。
コブタンがミョンジュが生んだ子供は肩にほくろがあったよねと話していた。
その話をスンヒは聞いてしまい、自分の肩にもほくろがあることを
思い出し、もしやと感づいてしまう・・・。


132話


コブタンが家に戻るとすぐにスンヒが訪れた。
スンヒはさっきの話を聞いてしまいましたと話す。
お願いだから真実を聞かせてくださいと頭を下げる。

コブタンは観念して全てをスンヒに話した。
最後にあなたにはお姉さんがいるんだけど、その話は聞いたことあるかを尋ねる・・・
これは本当に内緒の話だからミョンジュとノギョンには絶対に言ったらダメだよと言いながら・・・。

テボムは会社でトラブルを起こし、その罰として自宅謹慎を言い渡されていた。
会社はテボムに場合によっては解雇すると言われてしまう・・・。

スンヒは満腹堂に帰ってきてユンシュクを捕まえる。
ユンシュクはわけもわからないままスンヒに自分の母親が誰なのかを話してと言われ・・・



各話あらすじはコチラ↓
韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-ネタバレ-1話〜最終回

他オススメ韓国ドラマはコチラ↓
韓国ドラマ-狂気の愛-あらすじ-全話





スポンサードリンク




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート