韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-133話〜136話-最終回まで - 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ

韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-133話〜136話-最終回まで

2014-07-05-22-59-48_deco.jpg

韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-133話〜136話-最終回まで





前回までのあらすじはコチラ↓
愛よ、愛-あらすじ-129話〜132話




スポンサードリンク









韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-133話〜136話-最終回まではこちら↓


133話


スンヒはユンシュクに私のお母さんはミョンジュだよねと尋ねる・・・。
コブタンが赤ちゃんのほくろが肩にあったという話を聞いたことも話すスンヒ・・・。
私にも肩にほくろがあることをユンシュクに話しほくろを見せる。

ユンシュクはスンヒになぜ結婚をやめにしたかを話すとスンヒは泣き崩れてしまう・・・。
ユンシュクも申し訳なさと悲しみで涙がとまらない・・・。

社長はテボムの机に診断書を不思議に思い、中身を見てしまう・・・。

ユンシュクはスンヒの事を見つけてくれたお礼をテボムに伝える・・・。
しかしスンヒを思うなら結婚を考えないで欲しいと話す。

テボムは母親にも同じことを言われましたと言い
スンヒを愛する気持ちは誰にも負けていないと話して
諦めるつもりはないと言い切った。


134話


ノギョンにもらったサボテンを返すスンヒ。
あなたを心から愛していたけど誰にも認められずこの状況はもう苦しいと話す。
私はこれからは家事と勉強に専念すると家族みんなの前で宣言した・・・。

社長はテボムの診断書を見て驚いていた・・・。
テボムの身体には戦争の後遺症が残っていることが診断書には書かれている・・・。

ヨノンが来て、私を振った理由を聞きに今すぐダミウルに行くと話す。
社長は申し訳ないがしばらくテボムのことはゆっくりと休ませてあげてくれないかと伝える。

ミョンジュはユンシュクの所へと話をしに来た。
結婚を本当にさせてあげないのかを聞くとユンシュクは賛成はできないと言う・・・。


135話


帰ろうとしたミョンジュに声をかけ話をしようとする。
そのまま市場へ行きながら話しているとヤンジャに出会う。
3人で食事をすることになり、ミョンジュは二人が仲良くしている姿を見て羨ましいと呟いた。

スンヒはノギョンと別れようと思っていることをミョンジュに話す。
スンヒの眼には涙が溜まっていたがなにも言わず頷くミョンジュ・・・。

スンヒはテボムに会いに行くと、テボムとヨノンが話している所だったようで
盗み聞くのは良くないと思い立ち去ろうとするとテボムの口から
俺はスンヒと結婚するつもりでいるから君とは終わりにすると言い出して・・・。


136話


俺はスンヒと今後もし結婚できなかったとしても他の女性と結婚なんか
絶対にしないし、するつもりもないと言い切る・・・。

病院ではおばあさんの記憶が元に戻ったと大騒ぎになる。
ミョンジュは記憶を無くした時から今までのことを話し、話を終えた2人は抱き合って泣きじゃくった。

スンヒに会いにダミウルに行ってくると話すノギョン。
ミョンジュは全てをぶつけてきなさいと言葉をかけた・・・。
もしも終わりを迎えたなら、最後は憎まず笑顔でさよならをするようにと伝えた。

ノギョンとスンヒは引き寄せられたように偶然にも道で出会ってしまう。
君を諦めることができない、忘れることなどできないというノギョンに
スンヒは話し始める・・・。
私たちは絶対に結ばれることなどできない間柄だと・・・。



各話あらすじはコチラ↓
韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-ネタバレ-1話〜最終回

他オススメ韓国ドラマはコチラ↓
韓国ドラマ-狂気の愛-あらすじ-全話





スポンサードリンク




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート