韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-137話〜140話-最終回まで - 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ

韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-137話〜140話-最終回まで

2014-07-05-22-59-48_deco.jpg

韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-137話〜140話-最終回まで





前回までのあらすじはコチラ↓
愛よ、愛-あらすじ-133話〜136話




スポンサードリンク









韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-137話〜140話-最終回まではこちら↓


137話


スンヒはみんなが心配しないように全てを吹っ切ったような素振りを振舞った。
しかしそんな簡単に気持ちの整理などできるわけもなく1人になった時しか泣けなかった・・・。
一緒に写った写真も捨てることができず見ては涙を浮かべる・・・。

ミョンジュの母はコブタンに会わせてほしいと話していた。
おばあさんがコブタンに会いたがっていることを伝えに行くと
ユンシュクの子供だとは話していないからそれだけは気をつけてねと
根回しをするミョンジュ・・・。

ユンシュクはスンヒの部屋にあるノギョンの写真に気づく。
スンヒが部屋に戻りこれは燃やすからと話す。
ユンシュクは燃やしたからってお前の中から消えないだろうと言い捨てる必要はないと話す。

スンアからノギョンが喧嘩して暴れているとスンヒに話に来た。
スンヒは急いでノギョンを止めに走り出すが・・・。


138話


ノギョンはスンヒに二人だけで知り合いの居ない場所に行こうと誘う。
スンヒはノギョンとタクシーに乗って遠く離れた場所に行くことにする。

社長は仕事が上手くいかずにイライラし今にも八つ当たりしそうな雰囲気だった。
そして診断書を詳しく読もうと手にしたところへコブタンが現れる。
診断書を奪い取り、病気の名前を見てそいつは首にするべきだと話し始める。

とりあえず海がある場所まで来たノギョンとスンヒ。
ノギョンは2人だけで結婚式を挙げて
二人だけで誰も知りあいのいない場所で暮らせたら幸せになれたよねと
スンヒとノギョンは手を繋ぎ、抱きしめながら二人で泣くしかできずにいた・・・。

翌朝、目を覚ましたノギョンはスンヒが隣にいないことに
焦りまわりをひたすら捜しまわっていた。靴も履かず裸足のままで・・・。

スンヒはもうここにはいないわよ。
ノギョンの前に涙を流しながら立っているミョンジュが現れて・・・。


139話


テボムはスンヒに君への気持ちは何も変わらないし、忘れることなどできないと話す。
自分を男として扱ってくれと話すが、スンヒは何も話さずその場を去っていく・・・。

ノギョンは体調不良になっていて熱を出していた。
あまりに高熱の為、救急車を呼んだミョンジュ。
脱水症状の症状も出てしまっているということで緊急入院することになった。

スンヒはヤンジャにテボムには優しくするなといわれる。
できるだけ会わないようにして、今までのような接し方をするなと言われ
ショックを隠せないスンヒ・・・。

社長がテボムに今すぐソウルに戻るように連絡を入れる。
いつまでもサボってないで仕事に復帰するように話をする。

スンヒは社長の元へ行きテボムの様子が変だと話し何か会ったのかを聞きにきた。
社長はテボムがベトナムに行った時に戦争に巻き込まれたことを話す。
そこで精神的な病を患ったことをスンヒに話した。
スンヒはその話を聞いた瞬間から涙を流している・・・。

話を終えたスンヒはテボムの所へ行き、チャンスをあげると話すのだが・・・。


140話


テボムはいきなり、俺と結婚しようとスンヒに言い力一杯抱きしめた。
社長はそんな二人のやり取りを黙って見ていたが・・・。

コブタンはテボムを会社に復帰させてしまうとヨノンがテボムにまたも恋してしまうではないかと怒る。
テボムとスンヒは結婚することを聞かされたヨノンは
取り乱すこともなく普通ににおめでとうとだけ伝えて去っていく・・・。

スンヒは満腹堂に戻ると、テボムと私は結婚したいので
この結婚を認めてくださいと頭を下げる・・・。
家族全員があまりに突然のことなので驚くしかできなかった。
しばらくして、二人は無事に結婚式を挙げることになり・・・。



各話あらすじはコチラ↓
韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-ネタバレ-1話〜最終回

他オススメ韓国ドラマはコチラ↓
韓国ドラマ-狂気の愛-あらすじ-全話





スポンサードリンク




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート