韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-141話〜144話-最終回まで - 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ

韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-141話〜144話-最終回まで

2014-07-05-22-59-48_deco.jpg

韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-141話〜144話-最終回まで





前回までのあらすじはコチラ↓
愛よ、愛-あらすじ-137話〜140話




スポンサードリンク









韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-141話〜142話-最終回まではこちら↓


141話


スンアは日本でモデルとして撮影が入っていて、仕事を終えたスンアは帰国してきた。
その頃ノギョンもアメリカで勉強するために留学していたが
無事に学校を卒業して帰国することになっていた・・・。

ミョンジュのは母は無事に退院し、ミョンジュと静かに暮らし始めていた。
スンヒは独立して自分のお店を開いており賑わっていた。

テボムの母親は結婚したにも関わらず、スンヒに接する態度はかな冷ややかで
時間がたつにつれてどんどん気が強くなってしまう・・・。

スンヒはかつてミョンジュがしたときのように
外務省がくれる記念品の応募をしようと思い書類を作っていた。
書類を出すために出かけるスンヒに、偶然ノギョンとすれ違うが・・・。


142話


ノギョンは気づくこともなくそのままスンヒの前を平然と歩いていってしまう。

ヨノンは最近社長がテボムに頼りすぎていることに疑問を感じていた・・・。
ヨノンはテボムにこの会社はあなたの物ではないと話し
あなたが思っているようには絶対させないからと伝える。
ノギョンが留学を終えて帰ってきたいることもテボムに話すノヨン・・・。

満腹堂を訪ねたノギョンは近くに天然工房のお店を見つける。
気になったノギョンは店の中に入ると店にいたのはスンヒだった・・・。

お店の外で話しながら時折、見つめ合う2人の姿をテボムは見ていた・・・。


143話


お店にやって来たテボムとお昼にしようとお弁当を食べるスンヒ。
スンヒは食べながら昔のことを思い出し話をしようとするが
テボムは昔のことを思い出したくないんだとスンヒに話す・・・。

キムが満腹堂の近くにできていた天然工房のお店は
スンヒが開いた店だった事をコブタンに報告する・・・。

一方、テボムが働く平和建設が最近不正をしていると言う話がノギョンの耳に入ってしまう。
ミョンジュは外務省に呼ばれてしまう。
今回の応募で天然染色の技術を見直し、来年には製品化したいと持ちかけられる。
今、候補が別の店のもあって再審査をすることになっていることを聞かされたミョンジュ。

そしてその再審査をする相手となる女性がミョンジュの元に現れる・・・。


144話


係の人はミョンジュとスンヒがかつて師弟関係にあったことを知る。
再審査の内容を聞き終えた二人は外に出る・・・。

ミョンジュはスンヒに自分の弟子だったことは忘れるように話す。
誰にもどこにも2度と話さないようにと言い聞かせる・・・。

テボムとノギョンは久しぶりに会いお互いの近況報告をしていた。
ほとんどが仕事の話だったが、ノギョンはテボムの話を聞くうちに
テボムが賄賂を渡しているのではないかと疑問を感じていた・・・。

コブタンはスンヒのお店に行き、ミョンジュが再審査を受けることを辞退したことを話す。
テボムの母はスンヒが捨て子だったという事実を知ってしまうことになり・・・。

ノギョンは賄賂を渡した相手を調べることにする。
そして情報提供者から、間違いなく賄賂を渡した相手がテボムだったことがわかる・・・。



各話あらすじはコチラ↓
韓国ドラマ-愛よ、愛-あらすじ-ネタバレ-1話〜最終回

他オススメ韓国ドラマはコチラ↓
韓国ドラマ-狂気の愛-あらすじ-全話





スポンサードリンク




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート