韓国ドラマ-王(ワン)家の家族たち-あらすじ-感想-13話〜14話-最終回まで - 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ

韓国ドラマ-王(ワン)家の家族たち-あらすじ-感想-13話〜14話-最終回まで

王(ワン)家の家族たち

韓国ドラマ-王(ワン)家の家族たち-あらすじ-13話〜14話-最終回まで





前回までのあらすじはコチラ↓
王(ワン)家の家族たち-11話〜12話






スポンサードリンク








韓国ドラマ-王(ワン)家の家族たち-あらすじ-13話〜14話-最終回まではこちら↓


概要


最高視聴率は48.3%!
誰が見ても笑える、涙する国民的ホームドラマ!
衝突はするが、それでもお互いを思いやる家族の愛と絆が共感を呼んだ・・・。
見ごたえ十分ストーリー・・・。
BS朝日で放送決定!!


「キャストはコチラ↓」


<俳優名>                 <役柄名> 
チャン・ヨン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワン・ボン役
キム・ヘスク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・イ・アングム役
ナ・ムニ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アン・ゲシム役
オ・ヒョンギョン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワン・スバク役
チョ・ソンハ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・コ・ミンジュン役
イ・テラン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワン・ホバク役
オ・マンソク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ホ・セダル役
イ・ユンジ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワン・グヮンバク役
チェ・サンナム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ハン・ジュワン)の恋人
ハン・ジュワン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・チェ・サンナム役
ワン・グヮンバク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(イ・ユンジ)の恋人
ムン・ガヨン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワン・ヘバク役
チェ・ウォンホン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワン・デバク役
チェ・デチョル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワン・ドン役
イ・ボヒ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・パク・サルラ役
カン・イェビン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ホ・ヨンダル役
イ・ ビョンジュン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・チェ・デセ役
キム・ヒジョン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・オ・スンジョン役
ユン・ソンイ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ク・ミホ役


あらすじはコチラから↓


13話


セダルが最近お金を使いまくっているということ母は自慢する。
その自慢を聞かされるのが、アングムは不愉快だった。
アングムはミンジュンとの余りの違いにさらに不機嫌になっていく・・・。

クァンバクはサンナムとのデートの約束をしていた。
もらったアドバイスを実行するつもりで準備はバッチリ。
しかしそのアドバイスもサンナムが計画したことなのでサンナムは全てを知っている。

セダルはミランに自分の家まで送ってもらうことになっていた。
送ってもらった後車から降りようとするとミランは別れの口付けを求める。
しかたなく唇を重ねると、家からホバクが出てきてしまう・・・。

驚いた二人は慌ててなにも無かったかのように振舞う。
なんとかホバクにはバレなかった。
しかし、息子はミランからのメールを見てから、完全に父親を怪しんでいる。

一方ミンジュンの娘たちは、スバクの両親の部屋でゆっくりと寝ていた。
ミンジュンは娘に会いにこっそりと家にくるとアングムに見つかってしまう。
「お願いだから子供達に会わせてほしい。」と頼んでも、アングムは会わせることはなかった。

アングムは一生懸命働くミンジュンの仕事を馬鹿にする。
さらに、子供たちには自分の意見を押し付け「お前なんかにろくな教育はできない。」とまで話す。

父親のボムだけが、ミンジュンを心配してくれている。
しかしアングムは、ボムがなんで心配するのかも分かっておらず不機嫌になっていく。

クァンバクは、サンナムとのデートがよほど楽しかったのか最後は風邪をひいてしまうことに。
サンナムに風邪をうつしたら悪いから、と次のデートの誘いを断る。
しかし、サンナムはもう店を予約していた。
キャンセルするかと悩んでいるとそこにタイミングよく現れたヨンダルと食事に行くことになってしまった・・・。

ホバクはボクシングジムに通いはじめていた。
汗をかくことがストレス解消になると気づいたホバク。

その帰りに、ミンジュンと会うことに。
せっかくだからとお茶をすることになる。

ミンジュンが、スバクとホバクの秘密を知ろうとしたまさにその時。
なんとスバクが現れてしまう・・・。
スバクは、ホバクに因縁をつけやたら罵声を浴びせる・・・。

一方、セダルはミランとデートしていた。
しかもデートの場所は遊園地だった・・・。
デートの帰りにまたも別れの口付けを交わす2人。
その場面を、テバクとミホに見られてしまう・・・。


14話


セダルとミラン唇を交わす場面を見たホバクは驚きを隠せない。
しかし、ミホは冷静に「浮気だね。」と話す。

家に帰ったセダルの言い訳を聞く。
セダルの言い分を信じ、疑うことなど微塵もないホバクだった。

その頃、家ではスバクの物を奪い合っていた母アングムと祖母ゲシム。
お互いがお互いに激しい口調で争っていた。
そこに帰ってきた父ボム。

帰ったばかりのボムに、2人はそれぞれ言い分を話す。
そのせいで、ボムは口を挟めないほど二人は言い争う。

サンナムとクァンバクは食事へ行くことに。
サンナムはまだ病み上がりのクァンバクを心配していた。

食事をしながら、自分がプレイボーイになったきっかけを作った理由を話す。
出て行った母親に原因があると話すと、次第に2人の雰囲気は良くなっていく・・・。

ある日の夜、ミンジュンが帰宅すると家には鍵がかかっていた。
呼び鈴を鳴らしても反応無し。
結局家に入ることができず、庭のベンチで一日を終えた・・・。

翌朝、話しを聞いた父親ボム。
スバクとアングムを叱るものの2人はまったく反省してない様子。
さらにミンジュンが牛乳を飲もうとすると賞味期限の切れた牛乳を渡されてしまう・・・。

デバクは、セダルのいるホテルへ向かっていた。
そこでホバクに対する愚痴を聞かされる。
話を終えて、ホテルを後にするデバクだった・・・。

そのままホバクのところへ行くことに。
色々と直すところがあると話すもののホバクは話を聞く気がない・・・。
その後、ホバクは母親の好物を持って実家に行くことに。

しかし無残にも追い返されてしまう・・・。
諦めて家に帰ると勝手に家にあがったセダルの母と妹にこき使われてしまう・・・。

ミンジュンは一生懸命仕事をしていた。
仕事先で我慢できずにトイレを借りることにした。
トイレを借りた家はサンナムの家だった。

ちょうど洗濯をしていたスンジョンはミンジュンに気づき顔を見られないようにごまかしていた。
ミンジュンは、帰り際にスンジョンのヘアアクセサリーに見覚えがあることに気づく・・・。

セダルは相変わらず贅沢し放題だった。
そんなセダルを見張るデバクがいた。
するとまた家の前で浮気の現場をみてしまう。

デバクからセダルは浮気していると聞いたドンは怒りまくる。
ホバクを騙していると話しセダルを呼びつけると殴ってしまう・・・。

一方、サンナムはつようやく母を探し当てた。
スンジョンと2人で母親に会いに行くことに。

しかし何も悪いことなどしていないと話す母親に、2人は呆れることしかできなかった。
クァンバクはサンナムと会う約束をしていて、待ち合わせ場所に来ていた。
サンナムが来るのをずっと待っているクァンバク。
しかし、ヨンダルからメッセージが届き見てみるとショックを受ける・・・。

その後、サンナムは工場で仕事をしながら涙を流す・・・。


<☆ここまでの感想☆>


本当の家族って何なのかを考えさせてくれますね・・・。
こんな母親の元に生まれなくて良かったと思ってしまいました^^;

きっと昔はこうじゃなかったかも知れないけど毎度毎度酷すぎる・・・。
働いて家に帰ると家に入れない・・・。
自分がこんなことされたらどんな対応ができるか・・・。
冷静では居られません(笑)

やっぱりミンジュンは偉い^^
ドンももう少し威厳があればアングムももっとおとなしいのかも?
こうなればドンとミンジュンはタッグ組むしかありません^^

セダルの浮気現場をモロに見ても疑わないホバクはここまでくるとさすがに心配になります^^;
もしかしたらホバクもお金の為に我慢しているのかな?
それはそれで切ない・・・。
セダルも罪悪感とか全く無いのでしょうか・・・。

なかなか進展してきましたよ^^
それでは今後に期待しながらお楽しみに〜♪



各話あらすじはコチラ↓
王(ワン)家の家族たち-全話




スポンサードリンク








他オススメ韓国ドラマはコチラ↓
狂気の愛-全話

愛よ、愛-あらすじ-全話

百年の遺産-全話

愛は歌に乗って-全話

いとしのソヨン-全話

運命の誘惑-全話

烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち-全話

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート