韓国ドラマ-王(ワン)家の家族たち-あらすじ-感想-15話-最終回まで - 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ

韓国ドラマ-王(ワン)家の家族たち-あらすじ-感想-15話-最終回まで

王(ワン)家の家族たち

韓国ドラマ-王(ワン)家の家族たち-あらすじ-15話-最終回まで





前回までのあらすじはコチラ↓
王(ワン)家の家族たち-13話〜14話






スポンサードリンク








韓国ドラマ-王(ワン)家の家族たち-あらすじ-15話-最終回まではこちら↓


概要


最高視聴率は48.3%!
誰が見ても笑える、涙する国民的ホームドラマ!
衝突はするが、それでもお互いを思いやる家族の愛と絆が共感を呼んだ・・・。
見ごたえ十分ストーリー・・・。
BS朝日で放送決定!!


「キャストはコチラ↓」


<俳優名>                 <役柄名> 
チャン・ヨン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワン・ボン役
キム・ヘスク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・イ・アングム役
ナ・ムニ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アン・ゲシム役
オ・ヒョンギョン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワン・スバク役
チョ・ソンハ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・コ・ミンジュン役
イ・テラン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワン・ホバク役
オ・マンソク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ホ・セダル役
イ・ユンジ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワン・グヮンバク役
チェ・サンナム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ハン・ジュワン)の恋人
ハン・ジュワン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・チェ・サンナム役
ワン・グヮンバク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(イ・ユンジ)の恋人
ムン・ガヨン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワン・ヘバク役
チェ・ウォンホン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワン・デバク役
チェ・デチョル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワン・ドン役
イ・ボヒ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・パク・サルラ役
カン・イェビン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ホ・ヨンダル役
イ・ ビョンジュン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・チェ・デセ役
キム・ヒジョン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・オ・スンジョン役
ユン・ソンイ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ク・ミホ役


あらすじはコチラから↓


15話


ドンに殴られたセダル。
ホバクは、腫れないようにと冷やすことに。
傷に薬を塗ってもらうのだが、反省しているようには見えない。

セダルは「こんな顔になったら仕事に行けるわけない。」と言うと仕事を休むことに。
ホバクは日頃お世話になっている理事のところへお礼しに行こうと誘うことに。

しかし、理事の名前を知らなかったホバク。
「理事は男性です。」そう言うものの伝わるわけもなく・・・。

ホバクはなんとか理事に会うためホテルの人と話していた。
そんなホバクの側を通っていくミラン。
ミランはセダルと電話で話しをていた。

「今の女性も当ホテルの理事ですが。」とホテルの人に話をされる。
しかしホバクは男性だと思っていて、自分が探している理事だとは全く思っていなかった。

そんなミランの電話の会話は
「この前食べた海苔巻きは美味しかったね、今はチャプチェが食べたい気分。」と話していた。
その話相手がセダルだと思っているわけも無く、結局会えずに家に帰ることに・・・。

家に帰ってきたホバク。
セダルにホテルまで行ったけど理事には会えなかったと報告する。
セダルは話を聞いて慌て始める。

しかし、ホバクは「理事の名前はなんだった?」と聞いてきたことに安心する。
「無駄な事なんてしてないで、チャプチェを作ってくれ。」とセダルは話す。

クァンバクは母親から、お見合いをしろと言われていた。
お見合いなんかしたくないクァンバクは家にいるのがイヤになり家から出て行く。

ドンに会ってしまい、ヨンダルが結婚するという話を聞いてしまう。
おかげで、余計にショックを受けてしまう・・・。

急いでヨンダルが働いているお店に向かう。
そこで、「結婚するの?どこまで話は進んだの?一夜は共にしたの?」と質問攻め。
ヨンダルは「昔じゃないんだから、顔だけで判断して結婚なんか決めないでしょ?」と意味深発言・・・。

サンナムはずっと探していた母の態度にショックを受け、一人で酒を飲んでいた。
クァンバクはサンナムと話をしようと電話をかけるが電源はきられていた・・・。
クァンバクはミホと会うことに・・・。

ミホはクァンバクに次のアドバイスをすることに。
クァンバクはミホの話を上の空で聞いていた。
「私はミホの言う通りにしてきた。、なのに振られてしまったみたい。」と話すと、泣きだしてしまう。
そんなクァンバクをミホは優しく慰める。

しばらくしてクァンバクは偶然にも、サンナムを見かける。
サンナムに「結婚おめでとう。」と伝えるもののサンナムはそれどころではなかった。
サンナムは、クァンバクと話すことなくそのまま行ってしまう・・・。

サンナムの父親は息子がおかしいことに気付き、スジョンに何があったかを聞く。
スジョンは隠せるわけもないと思い、正直に母親と会って来たことを話す。
話を聞いたサンナム父は当然激怒する。
「そんな勝手なことするなら俺が家に戻って来るまでに出て行け!」と言って出かけてしまう。

サンナム父はコンビニでお酒を買い、一人で店の前で飲んでいた。
すぐ側の席にはクァンバクも一人で酒を飲んでいた。
お互い全く気付かない。しかし気づいた二人は喧嘩になってしまう。

コンビニの店員に警察を呼ばれて二人は派出所まで行くことに・・・。
派出所で話を聞かれると、お互いが「告訴してやる」と言い合っている。
挙句の果てにパトカーに乗せられて、警察署で本格的な取調べをさせられそうになる。

さすがに2人は警察署の前にくると酔いも一気に醒めた様子。
お互い今後は顔を合せないようにしようと言うと帰って行く。

サンナム父は家に帰ると、スジョンとミホの姿が無いことを知る。
慌てて探し回る羽目になり、長距離バスに乗っていたスンジョン母娘を見つける。
なんとか連れて帰ることに成功した。

ミンジュンは相変わらずほぼいじめ状態。
仕事を終えて家に帰ると食べ物は残っていなかった。
スバクはなにをしているかと言えばデパートに買い物をしている。

スバクは節約の意識はあった。
だから、「今日は子供服が5枚で1枚分の値段だった。」と、喜んで話す。
しかしミンジュンは、「そんなに必要ないし、今すぐにいる理由はない。」と話す。
かみ合わない2人はまたも喧嘩になってしまう・・・。

そんな時に、ミンジュンの父親から連絡が。
「お金を送ってくれて有難う、本当に助かるよ。」との電話だった。

スバクは自分の子供より自分の父親のほうを優先したことが気にいらなかった。
そこに現れたのは、母親。
いつもスバクの味方をし、ミンジュンを攻め立てる・・・。

ミンジュンは休日を迎え、久しぶりに娘と遊ぶことに。
しかしスバクの母が現れ、「今すぐ庭を掃除しろ。」と命令を出す。
言われた通り掃除を終えた夕飯の時に、うっかり醤油の入った瓶を割ってしまった。

そのミスに対して大声で怒るのはスバク母。
そこにミンジュン父がお土産を持ってやってきていた。
息子が叱られているのを聞いて、ショックを受ける父。
顔が出しづらくなり、家の門の所に収穫したての栗を置いて帰って行く。

その栗に気付いたはドンだった。
出かけていたお婆さんも帰ってくるときにミンジュンの父親を見たと話す。

慌てて追いかけるが、間に合わず、ミンジュンの父親の姿はどこにも無かった・・・。
父親の優しさにありがたく思っていたミンジュン。
一方のスバクは優しさになど、気付いていないようで文句を言いだしてしまう・・・。

セダルは理事ミランのご機嫌をとることに必死な日々。
いつもとどこか雰囲気が違ったミラン。
どこか不機嫌な表情をしながら、「ドライブに行くから車を出して」と言うと、セダルは車を用意する。

しかし、車に乗ってきたのはドンだった。
ドンはセダルに話があると伝え川岸まで行くことに。
ミランと別れさせようと説得する。
「お前は既婚者だろう」と話し、別れさせようとするが・・・。

その頃ミランは、セダルに何度も電話をかけていたが繋がらないことにイライラ。
セダルはドンに電話も奪われていたので出れるはずも無かった。
話を終えてホテルに帰ると急いでミランの元に行くセダル。
必死で謝るものの、「あなたはクビよ!」と言って渡していたカードも奪うミラン。

ミンジュンはまたも、仕事で遅い時間に帰宅。
そこで突然、「こんばんは!宅配です!」と大声で話す。

その大きな声に驚いた家族は起きだす。
ミンジュンは「俺はここの家族なのか!?」と問いかける。
スバク母は「何をバカなことを言っているのか。さっさと家に入れ」と話す。
しかしスバク父が、「お前の言いたいことを今全部話せ」と伝える。

ミンジュは
「この家では、自分の家にも関わらず誰も自分を快く思っていない。
赤の他人の家に配達に行けば、他人が笑顔で迎えてくれる。
それは宅配だからだ」と自分が宅配を装ったことを話す。

「自分が仕事で遅く帰っても、お腹を空かせていても
誰も心配もしないし一人で家を出て、一人で家に帰るだけの毎日にうんざりだ」と、不満をぶちまける。

セダルはホバクを高級なレストランで食事しようと誘う。
ホバクは嬉しくて舞い上がる。
「何か良いことあったの?」とセダルに尋ねる。
「話は食事が終わってからだ」、と話すセダル・・・。


<☆ここまでの感想☆>


相変わらず、セダルを思うホバクの気持ちは立派なんだけど・・・。
ついに打出の子槌を失ったセダルはホバクに何を話すのか・・・。

ミンジュンもあんなことするぐらいだからメンタルは限界ですよね^^;
理解者も居るは居るけど、力が無いから残念すぎるし。

ミンジュンはこの先幸せになれるのかなぁ?
なれなかったらちょっと可哀想すぎますよね・・・。
家族の為に一生懸命なのに誰も関心ナシ・・。
そりゃ怒りもしますよ^^;怒らない人なんていませんよね^^;

ミンジュンの父親もみんなに喜んでもらおうと思っただけなのに・・・。
胸が痛くなりました・・・。
みんな良心はないのかと、人間を疑ってしまいます・・・。

しかし何故か気になってきている私(笑)
それでは今後に期待しながらお楽しみに〜♪



各話あらすじはコチラ↓
王(ワン)家の家族たち-全話




スポンサードリンク








他オススメ韓国ドラマはコチラ↓
狂気の愛-全話

愛よ、愛-全話

百年の遺産-全話

愛は歌に乗って-全話

いとしのソヨン-全話

運命の誘惑-全話

烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち-全話

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート