韓国ドラマ-善徳(ソンドク)女王-あらすじ-1話〜2話-最終回まで感想あり-相関図と詳細 - 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ

韓国ドラマ-善徳(ソンドク)女王-あらすじ-1話〜2話-最終回まで感想あり-相関図と詳細

善徳女王

韓国ドラマ-善徳(ソンドク)女王-あらすじ-1話〜2話-最終回まで感想あり-相関図と詳細-動画も大人気☆



当サイトは韓国ドラマをより楽しむための趣味サイトです(^ー^)

ドラマをご覧になられている方や、前回の話し等を見逃してしまったと言う方の為に

あらすじをメインに詳細もできるだけ詳しく、視聴率やドラマ情報を掲載しています(^^)

是非、ドラマ視聴の際に合わせてご覧ください!

今回は「善徳(ソンドク)女王」あらすじ1話〜2話です(^^)

2015年5/4からBS朝日で放送します!!

脚本は
「キム・ヨンヒョン」と「パク・ソンヨン」です。

手がけたドラマは
【チャングムの誓い】、【根の深い木】など・・・。

演出は
「パク・ホンギュン」と「キム・グノン」です。

手がけたドラマは
【ニューハート】、【朱蒙】など・・・。



スポンサードリンク










今回のドラマは善徳(ソンドク)女王です。
キャストも紹介してあります。

個人的な感想も載せてあります
見に来てくださった方に感謝をこめて・・・。
ではあらすじをどうぞ。


見所



韓国歴代歴史ドラマに名を刻んだ一作。
【チャングムの誓い】、【朱蒙】を手がけた脚本家が作った作品だからこそヒットは約束されていたのかも。

新羅27代続いた次なる王はなんと女性。
その働きや行動力は男顔負けの実力派。

果たして三国統一はできるのか・・・。

BS朝日で一挙放送決定!!

最高視聴率は43.6%です。

全62話でいきます^^


キャストはコチラ↓」








トンマン王女役
イヨウォンイ・ヨウォン

主な出演作

☆黄金の帝国☆
☆馬医☆










ミシル役
コ・ヒョンジョンコ・ヒョンジョン

主な出演作

☆砂時計☆
☆大物☆










チョンミン王女役
パク・イェジンパク・イェジン

主な出演作

☆リトル・ウーマン☆
☆マイ・プリンセス☆










キム・ユシン役
オムテウン オム・テウン

主な出演作

☆剣と花☆
☆私たち、恋してる☆




相関図



善徳(ソンドク)女王-相関図はコチラ-引用元-BS朝日








1話



時は現代より7世紀も前にさかのぼる・・・。
朝鮮半島の百済、高句麗、新羅の三国が争っていた時代。

新羅では第24代の王チヌン大帝が国を支配していた。 
チヌン大帝は支配のできない百済の町を眺めに丘まで1人で来ていた。

いつか必ず支配してやると心に誓う。

宮廷へ戻ろうとしたとき百済の敵がチヌン大帝を取り囲んでしまう。
チヌン大帝は逃げる事ができず剣を手に取り身を守る体制を作った。

だが、百済の敵はチヌン大帝にお構いなく襲いかかる!
チヌン大帝は百済の襲撃に対し、身をよけるものの石につまづき倒れこんでしまう。

チヌン大帝は身動きが取れなくなってしまうが・・・。
チヌン大帝の花郎(ファラン)と言われる部隊がチヌン大帝を助けに入り、敵を追い払う。

敵がいなくなったあと、チヌン大帝に頭を下げる花郎たち。
その花郎を率いていたのは、男性の中で唯一の女性「ミシル」だった。
  
ミシルは新羅のやり方が気に入らなく支配しようと企んでいた。
チヌン大帝はミシルの業績からミシルを気に入り、自分の側室として自分の手元に置くことにした。

だが、チヌン大帝も持病が悪化しており自分の命が短い事に気づいていた。
チヌン大帝はミシルに遺言を残すが・・・。

遺言を聞いたミシルは、これがチャンスと考え遺言を書き換えてしまう。
そんな事も知らずチヌン大帝は1人静かに息を引き取った。

チヌン大帝が亡くなり、後継ぎは息子チンジ王が後継者に選ばれる。
次はチンジ王の妻になろうと考えるミシル。

ミシルはチンジ王との間に男の子を儲けるが、チンジ王と結婚を周囲から認められることはなかった。
チンジ王はそれがストレスになりミシルを裏切ってしまう。

ミシルはチンジ王の裏切りに怒り、花郎を従え、王の前に現れた。
その目的はチヌン大帝が本当の遺言を公にさらすのが目的だった。

さらに、チンジ王が今まで王の遺言を隠していたと罰し、王の座から退位させてしまう。
次に王位に付く者とは・・・。



国同士の争いはそれぞれ言い分があるからこそ統治するのは大変なことですよね。
ミシルが行った遺言の書き換え・・・。
いつかバレることを考えないのかな・・・。









2話



ミシルの策略により、次の王となったのはチンピョン王が即位しすることとなった。
ミシルはチンピョン王の王妃になろうと次の案を考えていた。

だが、チンピョン王には王妃となるマヤをすでに迎え入れていた。
王妃にもまた嬉しい出来事が・・。

マヤは数日前に寝ている間、自分のお腹に子が宿る夢を見たと嬉しそうに王に打ち明けた。
その夢をみてからいうもの体調が優れなく、先ほど医師に診てもらったと言う。

するとなんとお腹に子が宿っていると言われたと王に報告する。
嬉しい出来事にチンピョン王もまた心底喜んだ。

妊娠を報告しようと神殿に向かう、マヤと侍女ソファ。
だが、神殿はしまっており中には入れなかった。

裏口から入った2人は中に誰かいるかと静かに部屋を覗き込んだ。
そこには花郎(ファラン)たちが異様な空気の中、化粧を行っていた。

ソファは理解をしていなかったがマヤは変な胸騒ぎがし、その場を離れ外に逃げた。
化粧をする花郎(ファラン)を従えていたのはミシルの息子ポジョンである。

マヤはソファにファランが化粧をするのは命を捨てる覚悟をする時だと教える。
何か大きな決意をしている事に気づきその場から逃げることに。

だが、逃げる2人をミシルの息子ポジョンは見逃さなかった。
ポジョンは2人を始末するように指示する。

ソファは現状を王に伝えようとマヤより先に王の元へ向かうが・・・。
マヤはソファを必死に追いかけるが次第に距離ができてしまう。

その途中、マヤは何者かに浚われてしまうがソファは気づいていない。
マヤが浚われる光景を見かけたのはムンノ。

このままではマヤが危険にさらされると思い、マヤを追跡した。
なんとか隙を見て助けようと試みる。

人数の多さに負け、マヤと一緒に捕まってしまう。
手下は2人を縄で縛り海に投げてしまう。

マヤはチンピョン王からお守り代わりにもらったソヨプ刀(短刀)を持っていた。
自分の縄とムンノの縄を切り、一命を取り留めた。

マヤが王の前から姿を消し、半年がたった頃・・・。
ミシルは次期王妃になろうと企み会議を開く。

会議を開いていると、ムンノとマヤの姿がミシルの目の前に現れる。
ミシルは2人が生きていると思わず、驚くしかなかった。

王妃になれなかったミシルの元へある情報が舞い込んでくる。
それはマヤのお腹の子供が双子ではないかという事だった。

そこで、宮殿にはある言い伝えがある事を思い出す。

王に双子が誕生すれば血族が途絶えると言われていた。
何も知らず、陣痛が始まりお産が始まったマヤ。

1人目はとても元気な女の子を無事に出産する。
子が無事に生まれた事を知り、チンピョン王とマヤは、ソファと喜んでいた。

だが再びマヤに陣痛が起こる。
そばにいたソファが2人目の赤ん坊を取り上げることに成功する。

双子は国を滅ぼす。
その言い伝えを王も知っていた。

このままでは国が滅びると恐れた王は、誰にも知られぬようソファに2人目の赤ん坊を託すことに。
このままどこか遠くに逃げてくれと話し・・・。



いきなり王妃不在になるし半年も時間が流れるとは。
しかも妊娠していた王妃は母体も無事。
奇跡としか言いようがないですよね。









<☆ここまでの感想☆>



韓国歴史ドラマにおいて存在感バツグンの本作ですが。
いきなりの人間関係の複雑化になかなかしんどいですね。

でもこの当時それぞれの国がまとまろうと考えることはなかったんですよね。
誰かが統治を考えないと争いも収まることはないわけで。

歴史上の言い伝えなど、現代の文化に残されているかは分かりませんが。
色んな言い伝えがあるのは勉強になるような気もします。

今の所、ミシルは王妃になる為に必死なんですけど上手くいかないですね。
無事に王妃になれるといいんだけど・・・。

みなさんはどうでしたでしょうか?

最終回までまだありますがお楽しみに〜




各話あらすじはコチラ↓
善徳(ソンドク)女王

他オススメ韓国ドラマ-全話一覧はコチラから↓
抱きしめたい

愛してもいいんじゃない

スキャンダル

グロリア

私たち恋してる

貴婦人

赤と黒

主君の太陽

ゆれながら咲く花

星から来たあなた

キレイな男

秘密

剣と花

黄金の帝国

ミスコリア

欲望の仮面

おバカちゃん注意報

九家(クガ)の書

ジャイアント

オーロラ姫

会いたい

私の名前はキム・サムスン

太陽の花嫁

2人の女の部屋

龍の涙

愛したい 愛は罪ですか

お金の化身

ルビーの指輪

光と影

愛してたみたい

金よ出てこい☆コンコン

狂気の愛

愛よ、愛

百年の遺産

愛は歌に乗って

いとしのソヨン

運命の誘惑

烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち

王(ワン)家の家族たち

限りない愛






スポンサードリンク



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート