韓国ドラマ-龍の涙-あらすじ-144話〜146話-最終回まで感想あり-キャスト - 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ

韓国ドラマ-龍の涙-あらすじ-144話〜146話-最終回まで感想あり-キャスト

龍の涙

韓国ドラマ-龍の涙-あらすじ-144話〜146話-最終回まで感想あり-キャスト



当サイトは韓国ドラマをより楽しむための趣味サイトです(^ー^)

ドラマをご覧になられている方や、前回の話し等を見逃してしまったと言う方の為に

あらすじをメインにドラマ情報を掲載しています(^^)

是非、ドラマ視聴の際に合わせてご覧ください!

今回は「龍の涙」あらすじ144話〜146話です(^^)



スポンサードリンク










韓国ドラマ-龍の涙-あらすじ-144話〜146話-最終回まで感想はこちら↓

今回のドラマは龍の涙です。
キャストも紹介してあります。

個人的な感想も載せてあります

見に来てくださった方に感謝をこめて・・・。
ではあらすじをどうぞ。

高麗王朝の禑(ウ)王と門下侍中(ムナシジュン)のチェ・ヨン。
明からの領土返還要求を求められるが二人は反発。

遼東征伐のための出兵命令を出したが
前線の威化島(ウィファド)では梅雨の長雨や疫病により
戦況は悪化し脱走兵まででる始末・・・。

BSフジで放送決定!

最高視聴率は脅威の49.6%です!!

全159話でいきます^^


キャストはコチラ↓」


朝鮮王朝建国の王・太祖(テジョ)
イ・ソンゲ・・・キム・ムセン

朝鮮王朝3代目王・太宗(テジョン)
イ・バンウォン・・・ユ・ドングン

ミン氏・・・チェ・ミョンギル

ヤンニョン大君・・・イ・ミヌ

チュンニョン大君・・・アン・ジェモ

チョン・ドジョン・・・キム・フンギ


☆龍の涙☆


↓前回のあらすじはコチラ↓


141話〜143話



144話



ヤンニョンは自らの人生を振り返っていた。
王の息子に生まれたが故、未来の国を背負う運命を受け入れることが出来ない。

同い年ぐらいの民のものはもっと自由に生きているのに自分は・・・。
そういう想いがヤンニョンから消えることは無かった。

だからこそ、チャンスがあれば忘れようと騒いでいたのだ。
だがいつまでもそんな事ではいけないことは分かっている。

そこであることを決めて報告に向う。
ハ・リュンとスクポンに会いに来たヤンニョン。

もう自分は国の為に生きることはできなくなったと説明。
2人はそんな話が受け入れられるわけも無く考え直すように説得を試みる。

だがヤンニョン決意は固く、言うだけ言うとどこかに行ってしまう。

王妃であるミン氏はヤンニョンの不可解な行動は何でかと考えていた。
だがヤンニョンと話をしてもヤンニョンは本心を話さない。

困り果て、最後は神のお告げを聞こうと巫女を呼ぶ。
占ってもらうと信じられない結果が・・・。

かつて恨みをもって亡くなったバンソクやミン兄弟が取り付いていると話す巫女。
すぐに御祓いをしないとこの国はいずれ滅びるだろうとまで・・・。

急いで御祓いの準備に取り掛かるように指示を出すミン氏。
東宮殿に御祓いの準備が施され、すぐに始まる・・・。

だが始まった瞬間に・・・・。

チョ・ヨンムは必死に生きていたが息を引き取ってしまう。
多くの弔問客がやって来て、別れを惜しんだ・・・。



この時代の巫女は確かとても貴重と言うかありがたい存在なんですよね。
もっと言えば巫女がいれば政権も取れるかもというほど。
ミン氏の判断は果たして正しければ良いけど・・・。









145話



王妃はこの日、誕生日を迎える。
だが多くのものはミン氏がこの日誕生日だと言う事を知らない。

集まったのは息子たちと、残されたミン家の一族であるミン・ムフェとミン・ムヒュル・・・。
せっかくだからお祝いをしようと静かにお祝いが始まる。

ヤンニョンはそこで自分の思いを伝える良い機会だと考えていた。
たくさん悩み、考えた上で出した決断を話し始める。

それは自分が太子をやめて、自由に生きたいと言う事。
どうしてもこのまま生きることは自分の中で消化できないと話す。

その話を聞かされたミン氏やミン兄弟はそれだけは辞めてくれと話す。
ミン兄弟にいたっては、自分の家族をバンウォンに追い込まれ奪われたと・・・。

正直に言えば、王が憎くて仕方ないと話す。
この恨みを晴らすにはあなたの力がどうしても必要だと涙を流しながら語る。

兄弟の無念の為、どうしても恨みを晴らしたいと・・・。
そんな話をここでしてはいけないと話すミン氏だったが・・・。

部屋の外には内宮が全部話を聞いていた・・・。
すぐにそのことはバンウォンに知らせようとして・・・・。

ミン兄弟が危険な存在であると、大司憲のユ・ジョンヒョンが立ち上がる。
官僚たちに声をかけ、ミン兄弟を放っておくと危険だと騒ぎ始める。

今のうちに国家を脅かす存在を断とうと上書を書いて報告する。
この話を聞いた官僚たちはまだそんなことを狙っているのかと呆れると同時に怒りが・・・。

朝廷には、またも不穏な雰囲気が漂いはじめる・・・。



ヤンニョンの意志は固いようですが。
でも残されたミン兄弟の涙の訴えは復讐のため。
これはこれで複雑ですよね・・・。









146話



バンウォンの元にも、ミン兄弟が国家を裏切り自分に復讐しようとしていることが知らされる。
あれほど、国の為に生きていると思っていたミン兄弟・・・。

だが自分に対する復讐心がいまだにあると分かり、怒りが爆発する。
バンウォンは2人に大逆罪を言い渡し、すぐに捕まえるように指示を出す。

ミン・ムヒョルとミン・ムフェは直ぐに捕まり、宮殿に連行される。
問いかけるバンウォンに何も答えない2人・・・。

仕方ないと2人を尋問しようと部屋を変える。
そこには多くの官僚が居て、尋問が始まっていく・・・。

自分の兄弟が捕まったと聞かされたミン氏は急いで助けに向かう。
だがすでにバンウォンは民事が来ることを予測していた。

そこで王妃を来させない為に中宮殿を兵士に厳重に守るよう指示を出していた。
助けたくても何も出来ないミン氏は、ただただ無事を祈りながらも大声で叫んでいた・・・。

ミン兄弟は、先に逝った兄弟たちの無念を晴らすべく必死で耐える。
だがありえない尋問に次第に心が折れていく・・・。

耐えられなくなったミン兄弟は、ついに企みを自白する。
バンウォンはその発言にさらに怒りが加速する。

縄を解き、自ら命を断つように言い渡すバンウォン。
またも無念を晴らすことができないまま、命を断つしかなくなったミン兄弟・・・。

ミン氏はその話を聞いてガックリと肩を落とすしかない・・・。
ミン家で生き残っているのはもうミン氏だけ・・・。

どうしようもない悲しみと怒りで荒れ狂うミン氏・・・。



自分の奥さんの兄弟にあんな命令をするのも辛いけど。
こうなった事は、お互いの想いが交わらないから・・・。
またも悲しい事件が来てしまいました・・・。









<☆ここまでの感想☆>



凄い展開になってきましたね。
ヤンニョンが王国を捨てるのかと思っていたんですが。

ミン氏も残された一族は自分だけ・・・。
謀反を働いても仕方ないぐらいにまで思いますが。

国を潰すわけにもいかない葛藤は計り知れないでしょうね。
バンウォンも絶対ミン氏を警戒してるはずですし。

全く先が見えないですね。
国を脅かすのは、後は王妃だけですが・・・。

最終回までまだありますが今後に期待します^^
次回をお楽しみに〜




各話あらすじはコチラ↓
龍の涙

他オススメ韓国ドラマはコチラ↓
抱きしめたい

愛してもいいんじゃない

スキャンダル

グロリア

私たち恋してる

貴婦人

赤と黒

主君の太陽

ゆれながら咲く花

星から来たあなた

キレイな男

秘密

剣と花

黄金の帝国

ミスコリア

two weeks

欲望の仮面

おバカちゃん注意報

九家(クガ)の書

ジャイアント

オーロラ姫

会いたい

私の名前はキム・サムスン

太陽の花嫁

2人の女の部屋

愛したい 愛は罪ですか

お金の化身

ルビーの指輪

光と影

愛してたみたい

金よ出てこい☆コンコン

狂気の愛

愛よ、愛

百年の遺産

愛は歌に乗って

いとしのソヨン

運命の誘惑

烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち

王(ワン)家の家族たち

限りない愛






スポンサードリンク



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート