韓国ドラマ-善徳(ソンドク)女王-あらすじ-25話〜26話-最終回まで感想あり-相関図と詳細 - 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ

韓国ドラマ-善徳(ソンドク)女王-あらすじ-25話〜26話-最終回まで感想あり-相関図と詳細

善徳女王

韓国ドラマ-善徳(ソンドク)女王-あらすじ-25話〜26話-最終回まで感想あり-相関図と詳細-動画も大人気☆



当サイトは韓国ドラマをより楽しむための趣味サイトです(^ー^)

ドラマをご覧になられている方や、前回の話し等を見逃してしまったと言う方の為に

あらすじをメインに詳細もできるだけ詳しく、視聴率やドラマ情報を掲載しています(^^)

是非、ドラマ視聴の際に合わせてご覧ください!

今回は「善徳(ソンドク)女王」あらすじ25話〜26話です(^^)

2015年5/4からBS朝日で放送します!!

脚本は
「キム・ヨンヒョン」と「パク・ソンヨン」です。

手がけたドラマは
【チャングムの誓い】、【根の深い木】など・・・。

演出は
「パク・ホンギュン」と「キム・グノン」です。

手がけたドラマは
【ニューハート】、【朱蒙】など・・・。



スポンサードリンク










今回のドラマは善徳(ソンドク)女王です。
キャストも紹介してあります。

個人的な感想も載せてあります
見に来てくださった方に感謝をこめて・・・。
ではあらすじをどうぞ。



詳細



韓国歴代歴史ドラマに名を刻んだ一作。
【チャングムの誓い】、【朱蒙】を手がけた脚本家が作った作品だからこそヒットは約束されていたのかも。

新羅27代続いた次なる王はなんと女性。
その働きや行動力は男顔負けの実力派。

果たして三国統一はできるのか・・・。

BS朝日で一挙放送決定!!

最高視聴率は43.6%です。

全62話でいきます^^


キャストはコチラ↓」








トンマン王女役
イヨウォンイ・ヨウォン

主な出演作

☆黄金の帝国☆
☆馬医☆










ミシル役
コ・ヒョンジョンコ・ヒョンジョン

主な出演作

☆砂時計☆
☆大物☆










チョンミン王女役
パク・イェジンパク・イェジン

主な出演作

☆リトル・ウーマン☆
☆マイ・プリンセス☆










キム・ユシン役
オムテウン オム・テウン

主な出演作

☆剣と花☆
☆私たち、恋してる☆




相関図



善徳(ソンドク)女王-相関図はコチラ-引用元-BS朝日



↓前回のあらすじはコチラ↓



23話〜24話








25話



トンマンは亡くなった王女の為に女性としての道は捨てると言い放ち、洞窟を出ていく。
ピダムが追いかけるのだが自分に力を貸す気なら付いて来いと話す。

ピダムはトンマンに何か作戦はあるのかを問いかける。
あると答え、作戦を教えてもらうとあきれるが協力する事にした。

新羅の町ではチョンミョン王女はミシルに命を奪われたのではないかという噂があり、宮中では、アルチョンが郎粧(ナンジャン)の格好に着替えていた。

チンピョン王の前で王女の命を奪った犯人を捜すよう申し立てたるのだが・・。

その姿を見たミシルはチンピョン王に会い、犯人を捜す代わりに双子の話を持ち出すと伝える。
困惑した王は考え抜いた結果、娘チョンミョン王女の死は事故だったと大勢の前で打ち明けた。

結局、何も出来なかったアルチョンは自ら命を絶とうとする。
そこにトンマンが現れて自分が新羅の王女だと話す。

必ずファランの頂点に立ってみせると言って引き止めた。
トンマンはミシルと同じやり方で王になるとユシン達に伝える。

まず、大明暦(だいめいれき)を手に入れる為、トンマンは1人巫女の格好をし神殿に忍び込む。
ソリ(上神官)は驚いたが、トンマンの姿が神の示しによりいずれの王に浮かび上がる。

大明暦の持ち主の居場所を聞くが、誰かが部屋に近づいてきた。
ソリは慌てて屏風の後ろにトンマンを隠し、何もなかったように待ち構えていた。

現れたのはミシルで静かに椅子に腰掛ける。
ソリは「あなたは天下をとれない」と予言するが聞く耳をもたない。

自分の命令に背いた罪で自ら命を絶つよう薬を渡される。

薬を口にしたソリは最後に「ファドク寺にいるウォルチョン大師・・・」と言い残し息を引き取った。
トンマンは自分に伝えた言葉だと感じ取り、神殿をあとにする。



また一つ、犠牲が生まれてしまいましたね。
それでも、トンマンの宣戦布告はカッコイイですよね。
もうここまで来たら、失った人の為にもミシルには負けられないですね。









26話



ミシルは日食が起こる日時をウォルチョン大師に聞く為、和徳(ファドク)寺に訪れていた。
だが、ウォルチョン大師は正光暦(せいこうれき)が手元にないからはっきりとした事がわからないと伝える。

正光暦のある場所をすぐに探し出すように指示し、一旦諦めて寺を後にしたミシル。

その数分後には和徳(ファドク)寺に復耶会(ふくやかい:ユシンの元一族)が押し入りウォルチョン大師を
捕まえ連れ去ってしまう。

トンマン達も和徳(ファドク)寺に到着するが人気もなく何かおかしい事に気づく。
急いで寺中を探し回るのだが大師の姿は見えない。

大師がいたと思われる部屋からは復耶会の印の入った紙が落ちていた。
復耶会がここに来たことを知ったトンマンは彼らを見つけ出そうと動き始める。

新羅の町中に「王妃は双子の女児を産み、この国に危機をもたらした。その罪とし廃位せよ」と書かれた紙がハジョンの仕業によりばら撒かれていた。

王室内はチンピョン王共々この出来事に困惑する・・・。

ユシンはトンマンの危機を救おうと父ソヒョンと母マンミョンの元を訪れていた。
両親の前で膝まずき、全財産を自分にゆだねるよう頼み込む。

難しい表情をして考え込むソヒョンだが我が息子の頼みごとに協力すると承諾した。
ユシンが家から立ち去ろうとしたとき、一本の矢が柱に刺さる。

1人の刺客を追い、数人の敵に囲まれ、襲い掛かかってくる。
ユシンは敵を交わすのだが敵にウォルヤ(復耶会首領)の元へ連れて行くよう指示する。

両目を隠され、復耶会へと連行されてしまい・・・。



これからどんどん展開は動いていきそうですね。
ユシンの覚悟を感じた両親は息子を信じたわけでいい親子関係でしたね。
ユシンの運命が気になるところです・・・。









<☆ここまでの感想☆>



トンマンの身分が分かってしまい、女は捨てると覚悟を決めていました。
女にしかない幸せを捨てるというこよはよほどの覚悟が必要ですよね。

ミシルに任せるぐらいなら、自分が統治するという決意の現れです。
権力が欲しいとかではなく、正義を貫く理由があるわけで。

でもトンマンみたいに正義があれば、きっと国は統治できると思いますね。
ミシルは権力欲しさでしょうから、邪な考えしかないわけで。

そんな国家はきっと良い政治も生み出せないでしょうから直ぐに潰れそう。
もっと民を大事にするのは王として当たり前の話ですからね。

日本の国家体制ももっとしっかりしてほしいものですが。

みなさんはどうでしたでしょうか?

最終回までまだありますがお楽しみに〜




各話あらすじはコチラ↓
善徳(ソンドク)女王

他オススメ韓国ドラマ-全話一覧はコチラから↓
抱きしめたい

愛してもいいんじゃない

スキャンダル

グロリア

私たち恋してる

貴婦人

赤と黒

主君の太陽

ゆれながら咲く花

星から来たあなた

キレイな男

秘密

剣と花

黄金の帝国

ミスコリア

欲望の仮面

おバカちゃん注意報

九家(クガ)の書

ジャイアント

オーロラ姫

会いたい

私の名前はキム・サムスン

太陽の花嫁

2人の女の部屋

龍の涙

愛したい 愛は罪ですか

お金の化身

ルビーの指輪

光と影

愛してたみたい

金よ出てこい☆コンコン

狂気の愛

愛よ、愛

百年の遺産

愛は歌に乗って

いとしのソヨン

運命の誘惑

烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち

王(ワン)家の家族たち

限りない愛






スポンサードリンク



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート