韓国ドラマ-善徳(ソンドク)女王-あらすじ-49話〜50話-最終回まで感想あり-相関図と詳細 - 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ

韓国ドラマ-善徳(ソンドク)女王-あらすじ-49話〜50話-最終回まで感想あり-相関図と詳細

善徳女王

韓国ドラマ-善徳(ソンドク)女王-あらすじ-49話〜50話-最終回まで感想あり-相関図と詳細-動画も大人気☆



当サイトは韓国ドラマをより楽しむための趣味サイトです(^ー^)

ドラマをご覧になられている方や、前回の話し等を見逃してしまったと言う方の為に

あらすじをメインに詳細もできるだけ詳しく、視聴率やドラマ情報を掲載しています(^^)

是非、ドラマ視聴の際に合わせてご覧ください!

今回は「善徳(ソンドク)女王」あらすじ49話〜50話です(^^)

2015年5/4からBS朝日で放送します!!

脚本は
「キム・ヨンヒョン」と「パク・ソンヨン」です。

手がけたドラマは
【チャングムの誓い】、【根の深い木】など・・・。

演出は
「パク・ホンギュン」と「キム・グノン」です。

手がけたドラマは
【ニューハート】、【朱蒙】など・・・。


スポンサードリンク










今回のドラマは善徳(ソンドク)女王です。
キャストも紹介してあります。

個人的な感想も載せてあります
見に来てくださった方に感謝をこめて・・・。
ではあらすじをどうぞ。



詳細



韓国歴代歴史ドラマに名を刻んだ一作。
【チャングムの誓い】、【朱蒙】を手がけた脚本家が作った作品だからこそヒットは約束されていたのかも。

新羅27代続いた次なる王はなんと女性。
その働きや行動力は男顔負けの実力派。

果たして三国統一はできるのか・・・。

BS朝日で一挙放送決定!!

最高視聴率は43.6%です。

全62話でいきます^^


キャストはコチラ↓」








トンマン王女役
イヨウォンイ・ヨウォン

主な出演作

☆黄金の帝国☆
☆馬医☆










ミシル役
コ・ヒョンジョンコ・ヒョンジョン

主な出演作

☆砂時計☆
☆大物☆










チョンミン王女役
パク・イェジンパク・イェジン

主な出演作

☆リトル・ウーマン☆
☆マイ・プリンセス☆










キム・ユシン役
オムテウン オム・テウン

主な出演作

☆剣と花☆
☆私たち、恋してる☆




相関図



善徳(ソンドク)女王-相関図はコチラ-引用元-BS朝日



↓前回のあらすじはコチラ↓



47話〜48話








49話



ミシルが放った矢はトンマンに的中するが胸元に身に着けていた短刀のおかげで命が助かる。

短刀をミシルに見せ付けるトンマンに対し、ミシルは王女が助かったのは神のご加護だと思い家来達を引きつれ武芸道場をから立ち去ってしまう。

ミシル達がいなくなった後は残った敵の配下達に囲まれ攻められるが、ピダムが仲間と共に王女を助けに現れた。

トンマンはユシンやソヒョン達にミシルを宮殿からださないよう命令を出して捕まえようとする。

逃走口として秘密の通路から逃げると思っていたトンマンだが、ミシルは逃げ道がないと報告を受け正面の門から突破すると命令を下す。

門を突破しテヤ城に逃げ込んだミシルは私が諦めない限り必ず勝つと皆の前で宣言をして士気を下げなかった。

トンマンはどんな手でミシルを降伏させようか頭を悩ませていた。

一か八かでソファが逃げるときに隠し部屋に置いてあったチヌン大帝からの命令書を使おうと決める。

そこにはミシルをこの世から消せと書いていたものだった。

誰にも知られぬよう復耶会の砦の大きな木の下に隠していたのでピダムには箱ごと持ってくるように命じた。

走って行き箱を掘り起こすピダムであったが箱の中身がどうしても気になり空けてしまう。

命令書を見て自分の母親の命がかかっていると思ったときテヤ城に侵入しミシルと蜜談する・・・。

テヤ城を見張っていたチュクパンはピダムがテヤ城に現れたことをトンマンに報告する。

ピダムの不審な行動に不安を抱いたトンマンは生前にソファが命令書はピダムにも関係していると話していた事を思い出して・・・。



ピダムは嘘をついたけど、これがどういう結果になるのかはまだわかりません。

自分の母の命が危ういと知れば、守りたいと思うでしょうしね。

でもトンマンも怪しいことに気付いてはいるはずだけど・・・。









50話 



ピダムはミシルから自分の子でチンジ王が父親だと聞かされる。

動揺してしまいトンマンにミシルとの関係を聞かれ実の母親だとは打ち明けられず関係は何もないと答てしまう。

トンマン、ユシン、ピダム、チュンチュは難攻不落のテヤ城をどう落とすか話し合うがなかなか方法が見つからない。

そこでピダムがいっそのこと、城周囲に流れている川に薬物を流してはどうかと提案する。

ユシンはその方法を使えばテヤ城一体の土地は人が住めなくなると意見を述べる。

トンマンはピダムの方法は使えないが他の方法で使うという。

ユシンは王女の策略に気づき、薬物を直接流さずに噂だけを城に伝えれば敵は混乱をし、分裂すると話した。

トンマン達の作戦通りミシル軍は混乱になり中には逃げ出す者も・・・。
 
作戦が成功するとミシル勢力とお互いに再び力を合わせれないか対談を行うトンマン。

王女は新羅には多くの大業が残っている為、多くの人材が必要になると切り出す。

ミシルは誰が必要かと返すが、トンマンはミシル本人あなたを配下に置きたいと要求する。

だが、自らの血を注ぎどんな思いでチヌン大帝と共に成し遂げてきたかお前にわかるのか?とミシルとの交渉はうまくいかず終わってしまう。

トンマンVSミシルの戦いが始まってしまった。

内戦は圧倒的にトンマン達の率いる軍が有利にテヤ城を包囲。

もう勝ち目がないと判断したミシルはソルォンを呼び出し、降伏しあとは頼んだとミシル1人部屋に残る。

そこにピダムが現れ遺言として恋心も大義も新羅も分かち合えるものではないと伝え、トンマンが部屋に入ってきた時には自ら命を絶ってしまっていた・・・。



ついにミシルは命を捨ててしまいました・・・。

トンマンに負けて、降伏するぐらいなら自分ですてたほうがいいと決めたようです。

最後の最後までトンマンを苦しめたミシルはずっと忘れることは無いでしょうね・・・。









<☆ここまでの感想☆>



トンマンは民と共存を目指して王になりたかったけど、ミシルが王になってしようとしていたことは支配。

ミシルも、国の為に生きていたのかもそれないけどトンマンも、国の為に生きてきました。

長きに渡るこの戦いはこんな形で終わるとは思わなかったですね。

でもミシルの人生はこれでよかったのかもしれないです。

自分が王になるなど、思いもしなかったことに挑戦を最後までしたんですからね。

その挑む姿勢に実はファンが多く居るのかもしれませんね。

諦めない姿勢は見習いたいところですが、なかなか上手く行かないと挫折もしてしまうのが人間ですね。

ミシルも迷ったときはあったけど、結局動くことに決めたのは自分の信念があったからこそですね。

みなさんはどうでしたでしょうか?

最終回までまだありますがお楽しみに〜




各話あらすじはコチラ↓
善徳(ソンドク)女王

他オススメ韓国ドラマ-全話一覧はコチラから↓

三度結婚する女

ずる賢いバツイチの恋

カッコウの巣

結婚の女神

抱きしめたい

愛してもいいんじゃない

スキャンダル

グロリア

私たち恋してる

貴婦人

赤と黒

主君の太陽

ゆれながら咲く花

星から来たあなた

キレイな男

秘密

剣と花

黄金の帝国

ミスコリア

欲望の仮面

おバカちゃん注意報

九家(クガ)の書

ジャイアント

オーロラ姫

会いたい

私の名前はキム・サムスン

太陽の花嫁

2人の女の部屋

龍の涙

愛したい 愛は罪ですか

お金の化身

ルビーの指輪

光と影

愛してたみたい

金よ出てこい☆コンコン

狂気の愛

愛よ、愛

百年の遺産

愛は歌に乗って

いとしのソヨン

運命の誘惑

烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち

王(ワン)家の家族たち

限りない愛






スポンサードリンク



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート