韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-あらすじ-41話〜42話-感想つきでキャスト情報あり - 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-あらすじ-41話〜42話-感想つきでキャスト情報あり

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-あらすじ-41話〜42話-感想つきでキャスト情報あり-最終回-ネタバレ-相関図-視聴率-キャスト-動画-放送予定-YouTube-DVD-日本語字幕-放送予定-無料動画-OSTも大人気☆



当サイトは、韓国ドラマをより楽しむための趣味サイトです!(^^)!
色々な作品をBSやCSなどの放送局を通してリアルタイムで視聴されてる方や、前回見逃してしまってあらすじが気になる という方の為に、
人気韓国ドラマのあらすじとネタバレをメインに詳細もできるだけ詳しく、ドラマ情報の全話を最終回まで視聴率や相関図など添えて掲載しております!(^^)!


是非、ドラマ視聴の際に合わせてご覧ください!
今回は、韓国ドラマ「前世の敵〜愛して許して〜」41話〜42話のあらすじを紹介します!(^^)!
2019年6月からBS11で放送予定の作品です!


脚本担当している方は「キム・ジウン」です。
手がけた作品は【イノセントラブ】、【清潭洞<チョンダムドン>スキャンダル】など。
演出を担当している方は「キム・フンドン」です。
手がけた作品は【偉大なる糟糠の妻】、【愛してみたい〜すべてを奪われた女〜】など。


このブログには個人的な感想やキャストもドラマ情報として載せてあります。
見に来てくださった方に感謝を込めて・・・。
最初は相関図を見ながら読むことをおすすめします!(^^)!
ではドラマのあらすじをどうぞご覧ください。


前世の敵〜愛して許して〜-あらすじ詳細

チャ・ゴヤ(本作品のヒロイン)は三兄弟の長女であり家庭を支える存在。
10年前に父親が不倫しトラブルになり、結果子供たちを置いて逃げてしまった。
今はゴヤが一家の中で巻き起こる問題を解決する役割を担っている。
妹のチェ・ゴホンは公の場だろうが傍若無人に大盤振る舞いをする破天荒な性格の持ち主。言ってしまえばトラブルメーカーである。
彼女が毎日のように巻き起こす問題を丸く収めることにゴヤは手を焼いていた。
ゴヤの母親は少しでも自分にとって気に入らないことがあると頭に血が上り暴走する一面がある。
とある日、自分が経営する店でお客さんと大喧嘩している母をゴヤが抑える。
ちょうど時を同じくして、元々腎臓病に罹っていた弟のゴウンが倒れてしまい。。。


そんな中、ミン・ジソクの叔母に該当するオ・ナラは先述したゴヤの父親の不倫相手である。
経緯は複雑だが、結果的にナラは家庭を捨てて再婚した。
それ以来、妹であるオ・サラとの関係は崩壊する。
他人に迷惑をかけて自分のことしか考えずに生きているナラのことが許せないのだろう。
ナラに幼少のころから面倒を見てくれたジソクは今でも彼女と袂を分かつという考えはない。
今後も良好な関係を築いていけたらいいなと考えている。



一方で、ゴヤは倒れてしまった弟・ゴウンに腎臓の移植を懇願するためナラと考えられる手段全てを使って探していた。
二人を捜索する中でジソクの運転する自動車にあと一歩のところでひかれてしまうという危うい場面に遭遇する。
それが”運命の出会い”と呼ぶべきなのか ゴヤとジソクは時を重ねるたびに愛を育む。
互いの距離が狭まっていく中で「初恋」におちる一人の女性(ゴヤ)とそんな彼女を愛し守り続けたいと一途な思いを曲げないエリート離婚弁護士(ジソク)のラブストーリーがここに完成した。


気になるあらすじは下記よりお楽しみくださいませ!(^^)!


どうしても、映像でみたいという方はYoutubeなどの無料動画サイトでも視聴できます。
探してみると、日本語字幕のついてるものとついてないもの両方あるのでそこはご注意ください。


一時期より、ずいぶんと視聴率が下がってきたテレビ業界ですが日本でも韓国でも同じみたいですね。
視聴率をとることは現代では中々難しい時代が訪れようとしているのかもしれません。
日本と韓国では、趣向も違ってくると思うのでドラマの視聴率が全てではないですけどね。


最高視聴率は、12,4%を記録した大人気韓国ドラマですが日本ではどうなるか気になりますね。
全話123話で放送予定です!(^^)!
最終回まであらすじを書いていくのでぜひお付き合いいただけたら幸いです!(^^)!





キャスト情報はコチラ↓」


【ミン・ジソク役→ククォン】

1988年生まれ。彼にとっては本作品が除隊後初の出演作となる。
インタビューで「演技がしたいとずっと思っていた願いがようやく叶った」という旨の発言をしていることからも分かるように、
今作に対して強い意気込みが感じられる。
兵役を終えた彼がどのような演技を魅せてくれるのか注目である。
代表作は、「恋愛の発見」や「剣と花」など。


【チェ・ゴヤ役→チェ・ユニョン】

1986年生まれ。2008年から演劇活動をコツコツと経験していき役者としての腕を磨いていく。
そして大人気ドラマ「製パン王キム・タック」(2010)に出演したことで人気に火が付き、その後は映画、ドラマに引っ張りだこ。
演劇で培った実力が大衆に認められた今の彼女の演技に期待したい。
代表作は、「結婚できない男」、「女王の教室」、「逆転の女王」など。


【ミン・ウンソク役→アン・ジェモ】

1979年生まれ。”何でもできる”というフレーズが最も似合う男といっても過言ではない。
俳優だけでなくアーティストとしても活動し、さらには実業家(父親の経営していた会社の跡を継いだ)でもある。
時代劇への出演歴が多く、”時代劇プリンス”という異名を持つ。
なんでも器用にこなすオールラウンダーである彼がこのドラマでどのような演技をするのか注目したい。
代表作は、「イノセント・ラブ」、「龍の涙」、「お願いキャプテン」など。


【チェ・ゴホン役→コ・ナヨン】

1992年生まれ。韓国のオーディション番組に出演し歌手としての活動を主軸にコツコツと経験を積んでいった。
人気ドラマ「甘い誘惑」のオリジナルサウンドトラック(OST)に参加したことで一気に注目を集め、活動の幅を広げていく。
美しい容姿と歌唱力を併せ持つ「完璧」な彼女がドラマの舞台に登場したとき、どんな芝居を披露するのか注目が集まる。



相関図情報はこちらからご覧ください↓
韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-人物相関図-韓国MBC


前回のあらすじはこちら↓
韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-39話〜40話


前世の敵〜愛して許して〜-41話-あらすじ



テピョンとナラの策略が喫茶店にいた女性から漏洩されてゴヤやヤンスクに伝わってしまう。
初めから自分たちを騙すつもりだったことを知ったヤンスクはテピョンに怒りをぶつけるため彼の居場所へ向かう。
ゴヤやゴボン、テランも流石に許せない、信じられないといった感想を抱き「直接会って話を聞く」とチェ家総出でテピョンを追いかけることになる。
追い詰められヤンスクに見つかったテピョンは必死に逃げ出そうとするが、ヤンスクの怒りの猛攻は止まらない。
無言のままひたすら殴り続け憤怒をぶつける。
重傷を負ったテピョンはナラに電話し「ヤンスクになれてしまった。今の僕はボロボロだ」と涙ながらに伝える。
ナラはその報告を耳にすると「仕方がない。別の方法を考えましょう」とまだ諦めていない姿勢を示す。


ゴヤは父親の演技に踊らされていた自分を責める。
どうして嘘だと見抜けなかったのだろうと。。
ヤンスクはナラとテピョンを今までも快く思っていなかったが今回の一件で「もうあの二人は”いない存在”だと思って生きていく。私は母親としてゴウンを助ける方法を探す」とナラたちとは今後一切関わらず自分のやるべきことをやっていくと宣言。
そんな中、ゴヤ宛に一通の手紙が届く。
そこに記された内容は・・・。


前世の敵〜愛して許して〜-42話-あらすじ



ゴヤは手紙の内容を確かめると、
「私の旦那であるテピョンを扶養してほしい」という訴訟を起こすことが書かれたナラからの宣戦布告とでもいうべき内容が記されていた。
ゴヤは非情且つ卑劣なナラとテピョンを許せない思いで一杯だった。
彼らへ一矢報いてやりたいという闘争本能に満ち溢れている様子が窺える。


一方、ウンソクはサンドゥルから「私が学校を辞めて今は占い師をやっていることは母親やゴボンには秘密にしてください」と懇願される。
オクジャはサラとヘウンがジソクとウンソクの恋愛に探りを入れていることを知って、彼らを呼び出し「彼らの恋愛は彼らの自由。あなたたちが干渉することは許さない。もし二人の交際を邪魔するような真似を今後も続けるようであれば容赦しない」と厳しく警告する。


一方、ゴヤは喫茶店にテピョンを呼び出す。
「私達を騙した上でさらに追い打ちをかけるような真似をする貴方たちは一体何を考えているの?」と彼女は父親に怒りを含ませた疑問を投げかける。
テピョンはゴヤの言葉を無視し「ナラの送った手紙は訴状だ。もし私の口座に指定した金額を振り込んでくれるなら訴状を取り下げても構わないと思っている」と一方的に無理難題を押し付け逃げるようにその場を後にする。
ゴヤは怒りを通り越して呆れていた。
彼女はこのまま父とナラの思い通りにさせてはゴウンのためにもいけないと 問題を解決するためジソクの弁護士事務所を訪問する。
そして「法的な問題で頼れるのは貴方だけ。父親とナラから私たちは追い詰められている。無理を言っているのは分かるけどお願いがあります。あなたの力が必要です」とジソクに懇願する。
ジソクにとってはゴヤを助けるということは父親とナラを相手取ることになる。
彼は思い入れのあるナラを傷つけたくないといった複雑な表情を浮かべていた。
そんなジソクがゴヤに出した答えは?
事態は混乱を極めていく・・・。






<ここまでの感想>

形勢逆転する予感がしますね。
ジソクもテピョンの暴挙を黙って見過ごすわけにはいかないでしょう。
ゴヤが騙されていることに気が付いていた彼は後悔を晴らしたいという思いもあるでしょうし。
ナラはもう手詰まりだと個人的に思います。
ジソクがゴヤの頼みを受け入れて弁護士として戦うことになったら圧倒的にゴヤ側が有利ですからね。
しかし、ナラは執念が強いので、何か最終手段といいますか奥の手を使ってきそうで気を抜けないですね。。


ジソクとしては複雑でしょう。
父親を敵に回すかゴヤを助けるかの究極の二択を迫られているわけですから。
お世話になったナラを敵にしたくないという思いもあると思います。
彼がどう動くかによって事態が好転するか悪化するか分かれるかなと個人的に思います。
次回が楽しみですね!

みなさんはドラマをご覧になってどう感じましたか?
最終回まであらすじを書いていくので次回の記事もお楽しみに!(^^)!



<その他オススメ韓国ドラマのあらすじ全話一覧はコチラ↓>


最新作韓国ドラマ-黒騎士〜永遠の約束〜-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-よくおごってくれる綺麗なお姉さん-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-法廷プリンス-イ判サ判- あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-カネの花~愛を閉ざした男~-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-被告人-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-愛の迷宮-トンネル--あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-運命のように君を愛してる-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-愛するウンドン-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-それでも青い日に-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-太陽の末裔-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-HEART to HEART(ハートトゥハート)-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-我が家のはちみつの壺(マイスイートホーム)-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-伝説の魔女-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-ヒーラー-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-傲慢(高慢)と偏見-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-未生(ミセン)-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-私の人生の春の日-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-彼女の神話-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-シンデレラの涙<天国の涙>-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-密会-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-ママ〜最後の贈り物〜-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-三度結婚する女-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-カッコウの巣-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-結婚の女神-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-抱きしめたい-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-スキャンダル-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-私たち恋してる-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-主君の太陽-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-星から来たあなた-あらすじ-全話一覧

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート