韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-あらすじ-52話〜54話-感想つきでキャスト情報あり - 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-あらすじ-52話〜54話-感想つきでキャスト情報あり

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-あらすじ-52話〜54話-感想つきでキャスト情報あり-最終回-ネタバレ-相関図-視聴率-キャスト-動画-放送予定-YouTube-DVD-日本語字幕-放送予定-無料動画-OSTも大人気☆



当サイトは、韓国ドラマをより楽しむための趣味サイトです!(^^)!
色々な作品をBSやCSなどの放送局を通してリアルタイムで視聴されてる方や、前回見逃してしまってあらすじが気になる という方の為に、
人気韓国ドラマのあらすじとネタバレをメインに詳細もできるだけ詳しく、ドラマ情報の全話を最終回まで視聴率や相関図など添えて掲載しております!(^^)!


是非、ドラマ視聴の際に合わせてご覧ください!
今回は、韓国ドラマ「前世の敵〜愛して許して〜」52話〜54話のあらすじを紹介します!(^^)!
2019年6月からBS11で放送予定の作品です!


脚本担当している方は「キム・ジウン」です。
手がけた作品は【イノセントラブ】、【清潭洞<チョンダムドン>スキャンダル】など。
演出を担当している方は「キム・フンドン」です。
手がけた作品は【偉大なる糟糠の妻】、【愛してみたい〜すべてを奪われた女〜】など。




このブログには個人的な感想やキャストもドラマ情報として載せてあります。
見に来てくださった方に感謝を込めて・・・。
最初は相関図を見ながら読むことをおすすめします!(^^)!
ではドラマのあらすじをどうぞご覧ください。


前世の敵〜愛して許して〜-あらすじ詳細

チャ・ゴヤ(本作品のヒロイン)は三兄弟の長女であり家庭を支える存在。
10年前に父親が不倫しトラブルになり、結果子供たちを置いて逃げてしまった。
今はゴヤが一家の中で巻き起こる問題を解決する役割を担っている。
妹のチェ・ゴホンは公の場だろうが傍若無人に大盤振る舞いをする破天荒な性格の持ち主。言ってしまえばトラブルメーカーである。
彼女が毎日のように巻き起こす問題を丸く収めることにゴヤは手を焼いていた。
ゴヤの母親は少しでも自分にとって気に入らないことがあると頭に血が上り暴走する一面がある。
とある日、自分が経営する店でお客さんと大喧嘩している母をゴヤが抑える。
ちょうど時を同じくして、元々腎臓病に罹っていた弟のゴウンが倒れてしまい。。。


そんな中、ミン・ジソクの叔母に該当するオ・ナラは先述したゴヤの父親の不倫相手である。
経緯は複雑だが、結果的にナラは家庭を捨てて再婚した。
それ以来、妹であるオ・サラとの関係は崩壊する。
他人に迷惑をかけて自分のことしか考えずに生きているナラのことが許せないのだろう。
ナラに幼少のころから面倒を見てくれたジソクは今でも彼女と袂を分かつという考えはない。
今後も良好な関係を築いていけたらいいなと考えている。



一方で、ゴヤは倒れてしまった弟・ゴウンに腎臓の移植を懇願するためナラと考えられる手段全てを使って探していた。
二人を捜索する中でジソクの運転する自動車にあと一歩のところでひかれてしまうという危うい場面に遭遇する。
それが”運命の出会い”と呼ぶべきなのか ゴヤとジソクは時を重ねるたびに愛を育む。
互いの距離が狭まっていく中で「初恋」におちる一人の女性(ゴヤ)とそんな彼女を愛し守り続けたいと一途な思いを曲げないエリート離婚弁護士(ジソク)のラブストーリーがここに完成した。


気になるあらすじは下記よりお楽しみくださいませ!(^^)!


どうしても、映像でみたいという方はYoutubeなどの無料動画サイトでも視聴できます。
探してみると、日本語字幕のついてるものとついてないもの両方あるのでそこはご注意ください。


一時期より、ずいぶんと視聴率が下がってきたテレビ業界ですが日本でも韓国でも同じみたいですね。
視聴率をとることは現代では中々難しい時代が訪れようとしているのかもしれません。
日本と韓国では、趣向も違ってくると思うのでドラマの視聴率が全てではないですけどね。


最高視聴率は、12,4%を記録した大人気韓国ドラマですが日本ではどうなるか気になりますね。
全話123話で放送予定です!(^^)!
最終回まであらすじを書いていくのでぜひお付き合いいただけたら幸いです!(^^)!





キャスト情報はコチラ↓」


【ミン・ジソク役→ククォン】

1988年生まれ。彼にとっては本作品が除隊後初の出演作となる。
インタビューで「演技がしたいとずっと思っていた願いがようやく叶った」という旨の発言をしていることからも分かるように、
今作に対して強い意気込みが感じられる。
兵役を終えた彼がどのような演技を魅せてくれるのか注目である。
代表作は、「恋愛の発見」や「剣と花」など。


【チェ・ゴヤ役→チェ・ユニョン】

1986年生まれ。2008年から演劇活動をコツコツと経験していき役者としての腕を磨いていく。
そして大人気ドラマ「製パン王キム・タック」(2010)に出演したことで人気に火が付き、その後は映画、ドラマに引っ張りだこ。
演劇で培った実力が大衆に認められた今の彼女の演技に期待したい。
代表作は、「結婚できない男」、「女王の教室」、「逆転の女王」など。


【ミン・ウンソク役→アン・ジェモ】

1979年生まれ。”何でもできる”というフレーズが最も似合う男といっても過言ではない。
俳優だけでなくアーティストとしても活動し、さらには実業家(父親の経営していた会社の跡を継いだ)でもある。
時代劇への出演歴が多く、”時代劇プリンス”という異名を持つ。
なんでも器用にこなすオールラウンダーである彼がこのドラマでどのような演技をするのか注目したい。
代表作は、「イノセント・ラブ」、「龍の涙」、「お願いキャプテン」など。


【チェ・ゴホン役→コ・ナヨン】

1992年生まれ。韓国のオーディション番組に出演し歌手としての活動を主軸にコツコツと経験を積んでいった。
人気ドラマ「甘い誘惑」のオリジナルサウンドトラック(OST)に参加したことで一気に注目を集め、活動の幅を広げていく。
美しい容姿と歌唱力を併せ持つ「完璧」な彼女がドラマの舞台に登場したとき、どんな芝居を披露するのか注目が集まる。



相関図情報はこちらからご覧ください↓
韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-人物相関図-韓国MBC


前回のあらすじはこちら↓
韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-49話〜51話


前世の敵〜愛して許して〜-52話-あらすじ



ヤンスクは用件がありとある場所へ向かっていた。
彼女の表情からもかなり重要な用事であることが窺える。
ヤンスクは用事のある現場へ到着する。
偶然、その場所にはジソクが仕事関連で来ていた。
ジソクが「お世話になっております。まさかあなたとこんなところで対面するとは」と言葉をかける。
ヤンスクは「あなたに会うためにここに来ました。伝えたいことがあるので」と返答する。
どんな言葉が彼女の口から出てくるのか不安といった様子のジソク。


ジソクはゴヤに振られたことで心の傷が今でも癒えないでいた。
彼は自分自身の行いを振り返り反省点などを見直している。
「何がいけなかったんだろう。。嫌彼女は僕の事を好きと言ってくれた。でも付き合ってはくれない。やっぱり詳しく話を聞きたい」と一人で思い悩んだ挙句、改めてゴヤに直接会って話をすることを決意。


ゴヤはジソクとアポをとり待ち合わせの場所で落ち合う。
そこでジソクから「まだ僕の気持ちは揺るがない。でも君の幸せを邪魔するのはいけないと思っている」と話す。
複雑な表情を浮かべるゴヤ。
そしてジソクは「もう一つ伝えるべきことがある。先日君のお母さんが僕に会いに来たんだ」と伝える。
その言葉にゴヤは動揺を隠せない。
二人の関係は・・・。



前世の敵〜愛して許して〜-53話-あらすじ



ゴヤは悩みに悩んだ結果”ジソクとの関係を終わらせる”ことを決意する。
仕事に集中してキャリアアップしていきたいという気持ちが今の彼女を動かしている。
そして正社員として成果を上げることできれば家族にも恩返しをすることができると大黒柱として譲れない思いがあったのだ。
もちろんジソクのことは好きだ。ずっと一緒にいたいと思っている。
けれども、今恋愛と仕事を両立することは自分自身の成長に繋がらないと彼女は判断した。
ジソクから連絡がきてもゴヤは着信を拒否する。


ジソクはゴヤとの恋愛を諦めないでいた。
彼も信念というものがある。
一度恋した相手にはずっと愛を注いでいきたいという一途な思いに満ち溢れていた。
しかし、就職先が決まったゴヤのことを考えると、
恋愛を捨てる気持ちは彼は理解している。
それでも、、、「ゴヤを諦めることは僕にはできない。本当に好きなんだ」と一人部屋で呟く。


ゴヤは距離を置いてる姿勢を見せるも、一向に諦めないジソクの真っすぐで強い自分への思いを感じ取る。
世界中探し回っても、ゴヤのことをこんなにも愛してくれるのは彼しかいないだろう。
ゴヤは「もう別れよう」とジソクに言おうとするが決意が鈍る。
やっぱりジソクと離れてしまうのは嫌だからだ。
難しい選択を迫られた彼女は・・・。


前世の敵〜愛して許して〜-54話-あらすじ



ジソクは後悔を残さないように、ゴヤに振られてもいいから思い存分自分の思いを伝えようと決意。
毎日のように彼女のもとを訪れる。
「しつこい」ことはジソクも理解していた。
嫌われもいいから、「あの時もっとアピールしておけばよかった」という悔いを残さないためにまるでストーカーのようにゴヤに話しかける。
毎回無視されるが心は折れない。
嫌われることは分かっている。でも、自分の気持ちを伝えることが最優先。
少し相手の気持ちを尊重して冷静になったほうが良いと思うがジソクは平静さを失って積極的にゴヤにアピールし続ける。



ある日、ゴヤは毎日かかさず自分の元に訪れ「考え直してくれ」と告白してくるジソクを無視していたが、
ついに彼に言葉を返す。
「いい加減にして。もう私たちは”終わった関係”。今の私は貴方の事は好きじゃない。だから諦めて」と冷酷な表情で言い放つ。
気持ちが強いジソクだが、ゴヤの一言で表情を歪めてしまう。
心が痛んだ様子でその場でうずくまってしまった。
二人の恋の行方は・・・。





<ここまでの感想>

ジソクとゴヤの関係は一旦終わってしまったようですね。。
悲しいですが恋愛は簡単なものではないですからね。
好きだからといって交際が成立するわけではない。
生活状況やそれぞれの家庭、仕事を優先したいという気持ちなど恋人になるのは様々な障壁を乗り越えなければいけないですからね。
今のゴヤは正社員としてキャリアウーマンとして活躍したい気持ちが強いのでしょう。
バイトを数件掛け持ちしていた過去がありますからね。。
会社員として立派に活躍して母親を見返してやりたいという思いもあるんじゃないかなと個人的に思います。


ジソクはゴヤへの思いが強すぎて焦りすぎだなと感じました。
相手の事を考えた上で慎重にアタックしていったほうがいいのになと思いつつも恋ですからね。
これは悪いとか間違っているとかそういう問題じゃないですね。
距離が空いてしまった二人がこれからどんな関係になるか注目ですね。
次回が楽しみですね!

みなさんはドラマをご覧になってどう感じましたか?
最終回まであらすじを書いていくの次回の記事もお楽しみに!(^^)!




<その他オススメ韓国ドラマのあらすじ全話一覧はコチラ↓>


最新作韓国ドラマ-黒騎士〜永遠の約束〜-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-よくおごってくれる綺麗なお姉さん-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-法廷プリンス-イ判サ判- あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-カネの花~愛を閉ざした男~-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-被告人-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-愛の迷宮-トンネル--あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-運命のように君を愛してる-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-愛するウンドン-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-それでも青い日に-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-太陽の末裔-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-HEART to HEART(ハートトゥハート)-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-我が家のはちみつの壺(マイスイートホーム)-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-伝説の魔女-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-ヒーラー-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-傲慢(高慢)と偏見-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-未生(ミセン)-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-私の人生の春の日-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-彼女の神話-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-シンデレラの涙<天国の涙>-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-密会-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-ママ〜最後の贈り物〜-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-三度結婚する女-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-カッコウの巣-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-結婚の女神-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-抱きしめたい-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-スキャンダル-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-私たち恋してる-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-主君の太陽-あらすじ-全話一覧

韓国ドラマ-星から来たあなた-あらすじ-全話一覧

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート