韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-あらすじ-全話一覧-感想つきでキャスト情報あり - 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-あらすじ-全話一覧-感想つきでキャスト情報あり

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-あらすじ-全話一覧-感想つきでキャスト情報あり-最終回-ネタバレ-相関図-視聴率-キャスト-動画-放送予定-YouTube-DVD-日本語字幕-放送予定-無料動画-OSTも大人気☆




前世の敵〜愛して許して〜-あらすじ詳細

チャ・ゴヤ(本作品のヒロイン)は三兄弟の長女であり家庭を支える存在。
10年前に父親が不倫しトラブルになり、結果子供たちを置いて逃げてしまった。
今はゴヤが一家の中で巻き起こる問題を解決する役割を担っている。
妹のチェ・ゴホンは公の場だろうが傍若無人に大盤振る舞いをする破天荒な性格の持ち主。言ってしまえばトラブルメーカーである。
彼女が毎日のように巻き起こす問題を丸く収めることにゴヤは手を焼いていた。
ゴヤの母親は少しでも自分にとって気に入らないことがあると頭に血が上り暴走する一面がある。
とある日、自分が経営する店でお客さんと大喧嘩している母をゴヤが抑える。
ちょうど時を同じくして、元々腎臓病に罹っていた弟のゴウンが倒れてしまい。。。


そんな中、ミン・ジソクの叔母に該当するオ・ナラは先述したゴヤの父親の不倫相手である。
経緯は複雑だが、結果的にナラは家庭を捨てて再婚した。
それ以来、妹であるオ・サラとの関係は崩壊する。
他人に迷惑をかけて自分のことしか考えずに生きているナラのことが許せないのだろう。
ナラに幼少のころから面倒を見てくれたジソクは今でも彼女と袂を分かつという考えはない。
今後も良好な関係を築いていけたらいいなと考えている。



一方で、ゴヤは倒れてしまった弟・ゴウンに腎臓の移植を懇願するためナラと考えられる手段全てを使って探していた。
二人を捜索する中でジソクの運転する自動車にあと一歩のところでひかれてしまうという危うい場面に遭遇する。
それが”運命の出会い”と呼ぶべきなのか ゴヤとジソクは時を重ねるたびに愛を育む。
互いの距離が狭まっていく中で「初恋」におちる一人の女性(ゴヤ)とそんな彼女を愛し守り続けたいと一途な思いを曲げないエリート離婚弁護士(ジソク)のラブストーリーがここに完成した。


気になるあらすじは下記よりお楽しみくださいませ!(^^)!


どうしても、映像でみたいという方はYoutubeなどの無料動画サイトでも視聴できます。
探してみると、日本語字幕のついてるものとついてないもの両方あるのでそこはご注意ください。


一時期より、ずいぶんと視聴率が下がってきたテレビ業界ですが日本でも韓国でも同じみたいですね。
視聴率をとることは現代では中々難しい時代が訪れようとしているのかもしれません。
日本と韓国では、趣向も違ってくると思うのでドラマの視聴率が全てではないですけどね。


最高視聴率は、12,4%を記録した大人気韓国ドラマですが日本ではどうなるか気になりますね。
全話123話で放送予定です!(^^)!
最終回まであらすじを書いていくのでぜひお付き合いいただけたら幸いです!(^^)!




キャスト情報はコチラ↓」


【ミン・ジソク役→ククォン】

1988年生まれ。彼にとっては本作品が除隊後初の出演作となる。
インタビューで「演技がしたいとずっと思っていた願いがようやく叶った」という旨の発言をしていることからも分かるように、
今作に対して強い意気込みが感じられる。
兵役を終えた彼がどのような演技を魅せてくれるのか注目である。
代表作は、「恋愛の発見」や「剣と花」など。


【チェ・ゴヤ役→チェ・ユニョン】

1986年生まれ。2008年から演劇活動をコツコツと経験していき役者としての腕を磨いていく。
そして大人気ドラマ「製パン王キム・タック」(2010)に出演したことで人気に火が付き、その後は映画、ドラマに引っ張りだこ。
演劇で培った実力が大衆に認められた今の彼女の演技に期待したい。
代表作は、「結婚できない男」、「女王の教室」、「逆転の女王」など。


【ミン・ウンソク役→アン・ジェモ】

1979年生まれ。”何でもできる”というフレーズが最も似合う男といっても過言ではない。
俳優だけでなくアーティストとしても活動し、さらには実業家(父親の経営していた会社の跡を継いだ)でもある。
時代劇への出演歴が多く、”時代劇プリンス”という異名を持つ。
なんでも器用にこなすオールラウンダーである彼がこのドラマでどのような演技をするのか注目したい。
代表作は、「イノセント・ラブ」、「龍の涙」、「お願いキャプテン」など。


【チェ・ゴホン役→コ・ナヨン】

1992年生まれ。韓国のオーディション番組に出演し歌手としての活動を主軸にコツコツと経験を積んでいった。
人気ドラマ「甘い誘惑」のオリジナルサウンドトラック(OST)に参加したことで一気に注目を集め、活動の幅を広げていく。
美しい容姿と歌唱力を併せ持つ「完璧」な彼女がドラマの舞台に登場したとき、どんな芝居を披露するのか注目が集まる。



相関図情報はこちらからご覧ください↓
韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-人物相関図-韓国MBC


前世の敵〜愛して許して〜の各話あらすじはこちらからご覧ください↓

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-1話〜2話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-3話〜4話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-5話〜6話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-7話〜8話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-9話〜10話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-11話〜12話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-13話〜14話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-15話〜16話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-17話〜18話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-19話〜20話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-21話〜22話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-23話〜24話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-25話〜26話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-27話〜28話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-29話〜30話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-31話〜32話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-33話〜34話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-35話〜36話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-37話〜38話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-39話〜40話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-41話〜42話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-43話〜45話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-46話〜48話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-49話〜51話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-52話〜54話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-55話〜57話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-58話〜60話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-61話〜63話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-64話〜66話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-67話〜69話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-70話〜72話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-73話〜75話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-76話〜78話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-79話〜81話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-82話〜84話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-85話〜87話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-88話〜90話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-91話〜93話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-94話〜96話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-97話〜99話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-100話〜102話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-103話〜105話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-106話〜108話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-109話〜111話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-112話〜114話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-115話〜117話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-118話〜120話

韓国ドラマ-前世の敵〜愛して許して〜-121話〜最終回(123話)






<ドラマ全体を通しての感想>

複雑な人間関係の中で葛藤や苦悶の日々を過ごす登場人物一人一人の表情や描写が現実味を帯びていて感情移入するシーンが多かったです。
特に後半のナラがゴヤに復讐を仕掛けていく展開は、個人的に考えさせられるものが多く、見終わった後「愛ってなんだろう」とか「幸せってどういうことをだろう」など今まで考えたことのなかったことを強く意識するようになりました。
それほどこの作品は「見ている人に訴えかける力」が強いなと感じます。
全話通してみると単純なラブストーリーやサスペンスとは異なる哲学的なエッセンスも含まれているので感動するとともに勉強になります。


一番心に刺さったのは、ゴヤとジソクの”愛の絆”です。
二人は色々な障壁に関係を切られそうになったりするのですが、愛することを諦めない心をお互い貫き通します。
一途な思いを曲げない強いハートに心が温まりました。
”ナラとゴヤの戦い”や”ゴボンとウンソクの恋”など見どころは沢山あるのですが、
全体的に「愛」に満ち溢れていてハートフルな展開がずっと続くので感動したい方や愛について改めて考えてみたい方にオススメできる作品だと思います。
恋愛だけでなく家族愛もかなり心打たれるものがあるので家庭をお持ちの方が視聴されたらどんな感想を抱くのかな と想像してしまいます。


キャスト陣営の演技力も非常に高いのでシリアスな場面での緊迫感はまるで3D映画を見ているようなリアリティーを味わうことができます。
123話と長いですが、一話一話の完成度が高いので韓国ドラマ好きな方にはオススメです!

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 韓国ドラマ-あらすじのネタバレ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート